REGARD

042-320-4422

お風呂の換気扇が持つ大事な役割

仕事から帰ってきてホッと一息。
「ご飯」と並ぶ憩いの時間といえば、「お風呂」ですね。
では、お風呂でゆっくり湯船に浸かりながら天井を見上げた時、必ずそこにあるものといえば…そう、「換気扇」ですね。

お風呂に入った後、いつも電源を入れているこの「換気扇」ですが、実は快適なバスタイムを保つのにとても重要な役割があると知っていましたか?

浴室換気が大切な理由

お風呂の換気のことを、家づくりの文脈では「浴室換気」と言います。
浴室換気の重要性として、以下のようなものが挙げられます。

カビの発生を抑えられる

浴室はカビの発生しやすい場所、換気扇をつけることで湿気のある空気を外に逃し、カビの発生を抑制する効果があります。また、湿気を逃すことでお風呂場の湿気による家へのダメージも防ぐことができ、結果的に木造住宅の寿命を長くすることにもつながります。

臭いが残らず、いつでも清潔に使用できる

お風呂場は毎日掃除をしていても、抜け毛や石鹸カスが排水溝にたまり、臭いが発生してしまうことがありますが、換気扇を回すことで、臭いが発生してもすぐに外に汚れた空気を排出することができます。

浴室換気は窓を閉めて行う

浴室のみならず、計画換気全体に言えることですが、計画換気は「窓を閉めた状態で行う」ことが基本です。窓を開けて換気を行なってしまうと、計画外のところから空気が出入りしてしまうため、空気が部屋全体を循環しなかったり、花粉などの外部の物質を室内に取り込んでしまったりする可能性があります。
計画換気を行う場合は、フィルターのついた換気システムを通じて行うようにしましょう。

清潔で暖かい浴室空間の実現のために

バスルームを長く清潔に使用するために、換気扇の正しい使い方を覚えておきましょう。
リガードでは、「浴室換気暖房乾燥機」を標準採用しておりますので、換気はもちろんのこと、入浴前の予備暖房も行うことができます。ご高齢のご家族が入浴される際のヒートショックのリスクを緩和することが出来るので、冬場でも安心・快適にお風呂に入ることができますよ。

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD