REGARD

042-320-4422

シックモダンは「大人のインテリア」

シティホテルやマンションのモデルルームのような、洗練されたイメージのあるシックモダン。落ち着きのある空間を演出できるので、リビングや寝室に取り入れると、大人がゆったりと寛ぐことのできる癒しの空間にすることができます。
シックモダンは洗練されたイメージがあるので、マイホームに取り入れるのは難しいと感じていらっしゃる方も多いですが、実は素材やカラートーンをまとめる等の工夫次第でお金をあまりかけなくても取り入れることができます。
シックモダンに取り入れることのできるアイテムは種類がとても多く、素材や値段、デザイン等選べる幅がとても広いので、ご自身の好みやご予算に応じてインテリアを作りやすいのです。
今回は大人の上質空間を演出できる、シックモダンなインテリアの作り方のコツをご紹介していきます。

なお、同じ「シック」でも、近年流行している「シャビーシック」はちょっと印象が違います。フレンチで可愛らしく、ちょっとアンティークなインテリアスタイルですよ。そちらについては下記記事をご参照ください。

・シャビーシックな住宅の魅力 上品で愛らしい家づくりのポイント

シックモダンなインテリアの作り方

シックモダンなインテリアには高級感がありますよね。
その高級感を出すためには、高級なアイテムを揃えることよりも、シックモダンらしい洗練されたアイテムで統一感を出すことが大切です。
カラーは落ち着いた色が基本です、木材を使う場合はパインなどのナチュラルな色合いの木材よりも、ウォールナットやブラックチェリーといったダークな色合いのものを選ぶとよく合います。
ダークな色合いでまとめすぎると暗くなりすぎてしまうので、明るいアクセントカラーの小物を取り入れるとメリハリが出て全体がまとまりやすくなります。

間接照明で光の演出

シックなインテリアを楽しむには、肩肘張らずにリラックスすることが大切です。リラックスする上で重要なのが、光の使い方です。
リラックス空間には、昼白色の光ではなく、色温度の低い柔らかな間接照明がお勧めです。
間接照明を上手に取り入れることで、シックモダンなインテリアがより映えます。

・間接照明の種類と特徴 手軽に取り入れられるオススメの照明は?

注文住宅で、テーマのある家づくりを楽しむなら

シックモダンな雰囲気の家づくりのためには、家づくりにコンセプトを持たせ、それをしっかりと施工者と共有することが大切です。こだわりのシックモダンな家を作りたい方は、ぜひ一から設計する注文住宅をお選びください。
リガードでは、北欧スタイル、ヨーロピアン、インダストリアルといったテーマを持った家づくりを進め、
お施主様の考える「シック」を踏まえてインテリアのご相談をさせて頂きます。

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD