夏涼しく冬暖かい低燃費のエコ住宅で、生涯費用2586万円得する家づくり、始めませんか?
みなさんにはそれぞれ大事な収入があると思います。年収や将来の年金について、考えたことがある方は多いのではないでしょうか。どうせなら、将来に備えて、なるべく多くのお金を貯めておきたいですよね。

一方、人生で一番大きい支出って何があるかご存知ですか?

もっとも大きいのは
  • 住宅購入費用
  • 教育費用
  • 老後費用
の3つと言われています。

この3大支出とは今から死ぬまで向き合っていく必要があります。

お子さんがいらっしゃるなら教育費用もかかってきますが、3大支出の中で教育と老後は今からでもある程度はっきりと判明している分野の支出になります。

一方で、住宅は今から金額の調整ができる分野なんです。住宅はしっかり考えておかないと後から破綻しちゃうんですね。

日本やドイツは
生涯年収2億円から2億5000万円 だと言われています。
個人差あるものの、年金を含め、生涯年収はだいたい決まっています。

そうなってくると、いかに、3大支出の中で
トータルの金額を減らすのが大事ですよね。

生涯に渡って「安かった!」とできるようにする努力が必要です。
家 を建てる時に 意外と考える人が少ない 「生涯費用」の話

家を作る時、建築費用や土地の代金について考える人は多いですが、
意外とすっぽり抜けおちてしまいがちなのが
家の生涯費用という考え方です。
家の初期費用が安かったとしても、トータルでは損をしていた、
そんな方が非常に多いんです。

どのくらい、損をするんでしょうか。結論から言いましょう。

30歳で家を建てたとします。女性の平均寿命は86歳ですから、56年間分、光熱費がかかりますし、丁寧な家づくりをしておかないと、後で修復費用がかかります。その結果を示したのが以下の図です。

どのくらい、損をするんでしょうか。結論から言いましょう。
どうですか。とにかく家を建てようと考える前に、一度立ち止まって、賢い家の購入方法を知っておいた方がいいとは思いませんか?

車にも低燃費ってありますが、家にもあるんです。

車でも燃費ってありますよね。エコカーならガソリンを無駄にすることがないので、環境にも優しいですし、お財布にも優しいというのが特長です。
  • 車の取得費用
  • 維持する費用
  • 家の取得費用
  • 維持する費用
車を所有する金額とは別に車を維持するガソリン代などの金額がかかります。家についても同じことが言えるんです。例えば、冷暖房はランニングコストになります。

この費用、大した金額にならないだろうと思っていませんか?実は普通の住宅を建ててしまうと、生涯の冷暖房費用で約1300万円分も損をしてしまいます。しかも、この費用削減効果は工事を始める最初に依頼しておかないと、後付けで施工することはできないんです。では、何を意識すればいいのか。

キーワードは「高気密高断熱な家を建てよう」です。
資料請求・お問い合わせはこちら
  • まずは資料請求 をしてみよう
  • 完成見学会 に参加してみよう
高気密高断熱な家って? そもそもなぜ、冷暖房費用がかかるのでしょうか。理由は簡単です。夏は暑く、冬は寒いから冷暖房が必要になるわけですね。
  • 夏 は暑いので、クーラーで冷やす。
  • 冬 は寒いので、暖房をつける。
当然、そうしますよね。では、この頻度を減らすにはどうすればいいでしょうか。
すごく我慢する?
いやいや、それだときっと風邪をひいてしまいます。出来れば、普通に暮らしているけど、コストが減らせるようにしたいはずです。だとすると、
夏 冬
夏は涼しく、冬暖かい。
いやいや、それだときっと風邪をひいてしまいます。出来れば、普通に暮らしているけど、コストが減らせるようにしたいはずです。だとすると、
夏は外からの太陽熱などを遮断し、冬は室内の暖かい空気を逃がさない、この方法により、夏は涼しく、冬暖かい快適な暮らしを実現しつつ、生涯の冷暖房費用も約1300万円分削減することができます。
これ何かに似ていませんか?

例えるならば、「魔法瓶」。
魔法瓶ってあたたかいお味噌汁をそのままあたたかく、冷んやりした麦茶を冷んやりしたまま、持ち運べますよね。
「住宅の魔法瓶」だと思ってもらえれば、分かりやすいのではないか、と思います。

外からの温度を遮断し、家の中を過ごしやすくしてくれるので、冷暖房も少しで十分効果を発揮してくれます。
当然、費用も大幅に安くなりますよね。何度も書いて恐縮ですが、その金額は生涯費用で1300万円。
これだけ金額を節約することが出来れば、将来の貯金が大幅に変わってきます。

資料請求・お問い合わせはこちら
  • まずは資料請求 をしてみよう
  • 完成見学会 に参加してみよう

高気密高断熱の家は 大切な家族の健康にも良い影響を与えてくれる

高気密高断熱の家は生涯費用が大幅に安くなり、貯金が増える家だとは説明しました。ですが、家を建てるのはあなた自身や大切な家族のためであることは言うまでもありません。実は高気密高断熱の家は大切な家族の健康にも良い影響を与えてくれます。
  • 騒音・花粉・害虫・ダニの 影響をシャットアウト

    高気密の家とは「隙間の少ない家」になります。いわゆる隙間の少ない家を建築することで、騒音・花粉・ダニ・害虫といった外界からの影響もシャットアウトすることができます。

    騒音 花粉 害虫 ダニ
  • 断熱性能による健康改善効果

    断熱性能が高まることで、家族の健康にも良い影響を与えると近畿大学の建築学部岩前研究室での発表がありました。気管支喘息やのどの痛み・せき・アトピー性皮膚炎における改善率の高さは非常に高いものがあります。

    断熱性能、というと、わかりづらいかもしれませんが、「冬に寒く夏に暑い」よりは「冬あたたかく夏涼しい」家の方が風邪を引かなそうだということは直感的に理解できますね。断熱性能が提供してくれるのはまさにそういう健康改善効果、ということになります。

    断熱性能による健康改善効果
  • ヒートショックの防止

    仮に室温10℃とすると、起き上がって布団を出たとたんに20℃以上の急激な温度差を感じることになります。このヒートショックが失神や心筋梗塞、脳梗塞などの原因になることがあります。高気密高断熱の家なら、家の中が一定の温度で保たれやすくなるので、このリスクを大幅に減らすことができます。

    20℃以上のヒートショップ
  • 震災などの災害時に、暖房が使えない状態でも室温を保つことができる。

    暖房器具を使用できなかった場合でも、断熱性能が高い家ほど室温を高く保つことができるため、災害時にも安心と言えます。

    東日本大震災直後に停電した住宅の室温調査

高断熱高気密の家を作るために知っておきたい2つの数値

では、高断熱高気密の家を建てるためには、どんなことを知っておく必要があるのでしょうか。Q値とC値という概念があります。
  • Q値は外部への熱損失
  • C値は空気流出と流入
Q値は外部への熱損失、C値は空気流出と流入をもたらす隙間の大きさのことです。
でも、これだけだとわかりづらいので、「コート」で例えてみましょう。寒いとき、暖かいコートを着るとあたたかくなりますよね。でも、そのコートの前のジッパーを開けていたらどうでしょう。当然、寒くて凍えてしまいそうです。これがQ値とC値の関係です。寒い冬はまず、隙間を少なくしましょう(C値)、そして暖かいコートを着て熱を外に出さないようにしましょう(Q値)、ということが大切になってきます。

日本の住宅は暖かいコートを着ているけど、コートのジッパーを開けている家が多い。

日本の住宅基準はどうなっているのでしょうか。Q値、C値は国が推奨する基準が地域ごとに決まっています。
これは北海道の場合、寒いですからより断熱効果が高いことが求められるなど、地域差があるからです。
Q値・C値はそれぞれ低ければ低いほど、高性能である、ということになりますが、国が定めている次世代省エネ基準の基準値は上の図のようなものになっています。
東京の基準は どうなっているでしょうか。
  • Q値 2.7
  • C値 5
というのが国の建築基準です。これを下回っていれば、建ててもいい住宅ということになります。
私たちリガードはこの Q値 C値 を徹底的によくすることを心がけています。
その結果、
  • Q値 1.9
  • C値 0.5
という基準をクリアしています。特筆するべきはC値で、国の建築基準から見て10分の1の値を達成しています。日本の多くの住宅は、暖かいコートを着ているけど、コートのジッパーを開けている家が多いというのが現状です。ですが、貯金が貯まる家にしつつ、家族の健康をしっかりと守る為には、Q値・C値の基準を高いレベルで達成し、高断熱高気密を実現する必要があります。
高気密高断熱だとやっぱり値段も高いんじゃないの?
いやいや、人気の秘密は1000万円台からの 家づくりにもあったんです…!
高気密高断熱だとどうしても金額が高くなるイメージがあります。ですが、リガードが人気な理由はスタイリッシュで高断熱高気密な家を1000万円台からご提供している点にもあります。しかも、わかりやすい価格設定だから、予算オーバーの心配はありません。最初にご要望を伺いつつ、はっきりした価格を説明します!
価格は抑えてもアフターフォローは充実!5つのアフターフォローで「35年メンテナンス」

安心の住まいづくりからアフターメンテナンスまでをバックアップします。
リガードでは、住まいづくりからお引き渡し後のアフターメンテナンスまでをサポートする、サポートサービスを開発致しました。

一般的な保険や保証制度では適用されないトラブルにも対応出来る、住まいの頼もしい味方です。安心・快適にマイホームライフを送るために、プラスアルファの安心を!リガードからのご提案です。

1 地域密着なので、すぐ駆けつけます 2 瑕疵担保が切れた11年目以降もサポート 3 35年、無結露保証だから安心 4 団信付きなので、施主がなくなったらローンが0に。 5 10年以内の地盤保証
東京エリアNo.1
この考え方が多くの方の共感を呼び、「日経ホームビルダー」の「東京エリアで成長を続けている企業」ランキングで全国2位、東京エリアでNo.1を受賞しました。

生涯コストを賢く抑えつつ、夏涼しく冬暖かい快適な家で、家族が健康的に暮らせる家に関心がある方は少なくありませんでした。この考え方が多くの方の共感を呼び、弊社リガードは日経ホームビルダーにて「売上高伸び率」第2位を受賞しました。
東京エリアでは堂々の1位となっております。

また、リガードの作る家づくりはその高いデザイン性も評価されています。ブルータスのCasa BRUTUS「北欧デザイン暮らし特集」で掲載され、高気密高断熱でありながらオシャレな家づくりができるという点もご評価いただいております。

資料請求・お問い合わせはこちら
  • まずは資料請求 をしてみよう
  • 完成見学会 に参加してみよう

「私たちが最も仕事をしていてよかった!」と思う お客様からの生の声です。ちょっと自慢ですが、読んでみてください!

久野さんから届いたメール

あっとゆう間に年の瀬ですね。リガードのみなさまお変わりありませんか?(^▽^) 久野家はおかげさまでみんな元気に生活しております。 入居以来、毎日、一日もかかさずに新居の喜びを実感しております。 玄関の鍵を開ける時(あ~ここがうちなんだよなぁ…と)・部屋の中で走りながら移動しているとき(広いなぁ…と)・子供たちがキャッキャッいいながら自由に遊んでいるとき(時々(!?)は怒りますが…)・キッチンの電気をつける時(ほんっとこのキッチン好き…と)・お風呂を42℃以上に熱々にして足をのばして入ってるとき(←旦那さんです(笑))etc… 長男もおかげさまで入居を小学校入学に間に合わせていただき、今ではすぐ近くに同級生のお宅があることがわかり朝も楽しそうに一緒に登校しています。一年生男子、いろいろ問題もなくはないですが(汗)毎日元気に登校出来ていることがうれしいです。
旦那さんともよく深夜まで、ここにくるまでのいろいろを語ることがあり、あの時は緊張したとか落ち込んだとかドキドキしたワクワクした最高に嬉しかったとか話がつきません。 家を持つことは、単純に「家を持つこと」だけではなく、まわりのコミュニティと繋がること。家族のありがたさを感じ取ること。自分で自分を認めてあげることが出来、自信になっていくこと。だと思いました。 その中でも、齊田さんをはじめリガードみなさまにお願いできたからこそより幸せに感じる家に住ませていただいていると感じます。 庭や駐車場を見れば様々なわがままに快く応えていただいた外工をしていただいた業者さんの顔が浮かびます。 外壁を見れば、「こんにちは~」と明るく挨拶をしてくれた外壁の業者さんの姿が浮かびます。 玄関に入れば、土間収納の壁とタイルの間の建材のセレクトがステキ☆で齊田さんにお任せしてホントに良かった。と思います。 キッチンでは監督さんにご迷惑をおかけしてしまったのでは…といまだに心配ではありますが、使わせていただくとやはりLIXIL製のキッチン収納は本当に使いやすく今はただただありがたい気持ちです。 そして、玄関とパントリーのアールの効いた壁を見ると、なにやらひとりごとを言いながらも黙々とお仕事をされていらっしゃった大工さんの姿を思い出します。階段を上がったところの広場が「もったいないよなぁ~この空間は~」と話してらっしゃったこと(笑)「うちの娘も今家を建ててて…」なんてお話をさせていただいたことを思い出します。 まだまだ、お会いしたこともない職人さんや業者さんのお力でこの家が作られたこと、とっても感謝しています。 中でも齊田さんに担当していただいたこと、これが私たち夫婦にとって一番のラッキーでした。 長いご経験からの的確なアドバイスをいただけたことはもちろん、時には担当の方としては言いにくいようなことも言ってくださり、お話ししてくださってミーティングの時は毎回ワクワクしていました。 この間家の片付けの行き届いていないところを大掃除も兼ねてしていたところ、初めに私がかいた「こんな家にしたい」という設計図にもならない落書きのような図が出てきました。
気づけばそれがそのままカタチになっていることに再び感動しました。こんな落書きをカタチにしてくれるにはよっぽどの腕が必要です。本当にありがとうございました。 久野

マイナス金利だからお得な時代
知っ得!? 金利について 歴史的低金利ーこの10年は歴史に残る金利状態です!
Q.金利が1%上がるとどうなるでしょうか? 住宅ローンは金利が1%違うだけでも返済額は大きく違います。視点を変えれば月々の返済総額が同じでも借り入れ可能な金額は大きく違うのです。いかに低金利で借り入れできるか、が住宅ローンを利用する最も賢い方法です。
2,500万円借りた場合・35年返済
A.総返済額が約584万円増額します。
返済額が同じ場合(毎月8.9万円の場合)
結論 歴史的な金利状態を活かせるか否かで 購入条件・支払総額が大きく変わります。
税制のお得な制度
知っ得!? 税制について 優遇税制 & 各種補助金
住宅ローン控除 すまい給付金 固定資産税の減税 住宅取得時の 贈与税の軽減措置 長期優良住宅 認定低炭素住宅 その他の補助金
ご自宅、あなたの買い時は?
知っ得!? あなたの買い時 家族のライフプランに併せてー子供の成長を機に
子供のいるママが住まいを探そうと思った理由(複数回答可) マイホーム購入時の第一子の年齢
子供のいるママが住まいを探そうと思ったきっかけは 「子供や家族のために家を持ちたいと思ったから」が1位でした。 また、実際に家を購入した夫婦の購入時の第一の8割以上が小学校入学前でした。
住宅購入時
実際に子どもと同居できる期間は住宅購入時期が遅くなればなるほど短くなってしまいます。
健康な内に家を建てる
Q健康でないと住宅ローンが組めないって本当?A 本当です。住宅ローンを組むにあたっては「団体信用生命保険」に加入いただきます。(ほとんどの場合)
「団体信用生命保険」って何? 「団体信用生命保険」のポイント
リガードでしか聞けない!大人気セミナー!
リガードでしか聞けない! 大人気セミナー ご予約は急ぎ下さい。「家を建てたら生活が厳しくなる・・・」 そう思っている方がほとんどです。でも実際は・・・ 600万円得する 住宅ローンセミナー 住宅ローンを組む前の 賢いご夫婦 10組様だけにお教えします。※これ以上、住宅ローンで失敗するご家族を出したくありませんので、
 内容を正確にご理解頂くために、10様限定とさせていただきます。※正しい家作りの方法をお伝えするセミナーです。 しつこい売り込みや営業は一切ありませんのでご安心下さい。※すでに住宅ローンを組んでしまった方、地元の工務店は信用できない という方は、残念ですが、このセミナーに向いていないかもしれません。 毎回大好評!完全予約制 日時 随時ご予約受付中! 参加費用 無料 会場 リガード 参加方法 参加希望の方はお問い合わせよりお申し込みください。 講師紹介代表取締役 ないとう ともあき 内藤 智明実際にセミナーを聞いたお客様からの喜びの声頂きました!
資料請求・お問い合わせはこちら
  • まずは資料請求 をしてみよう
  • 完成見学会 に参加してみよう
随時開催中! リガードの完成見学会 このクオリティーでなんと1000万円台の家なんです!
片付け上手で子育ても安心。デザインと価格に納得の家。

「最初は建売も検討していたのですがリガードの実例を見学してデザイン性に惚れ込んだんです」「建売とほぼ変わらない予算で建つと知り決めました。耐震等級「3」の安心感も魅力でしたね」とご依頼いただいたK様。

「戸建ては、豊富な収納で片付けもラク。子どもたちがはしゃいでも安心なので戸建てにして大正解。自然と前より子育てが楽しくなりました」とおっしゃるK様。休日は夢だった広いウッドデッキでお子様といっしょに遊んでいるそうです。広々ウッドデッキでは、友人を招いてのBBQ も楽しめます。 20 畳の広さを確保したLDK は隣接する和室の引き戸を開けることでより開放的になります。和室とダイニングの間の壁もデッドスペースにせず天井までの高い収納を設置。折上げ天井は同社の実例を見て参考にしたそうです。「床暖房も心地よくて子ども達も裸足で遊んでいます」と奥様。

キッチンは開放的なオープンキッチンに。腰壁に夫人が選んだのは、シックなゼブラ調のクロスです。 思い切り遊び回れる大空間の子ども部屋は、将来2部屋にできるよう入口と収納を2つ設置しました。 玄関は、素材感のあるアクセントタイルがお気に入りだそう。収納豊富なシューズクロークも設置しました。 外観は、表情豊かな16㎜厚のサイディングの白と黒く塗装した軒裏のコントラストが心地よく仕上がりました。

「リガードの家づくりへの熱意は感動的でした」とおっしゃるK 様ご家族。これからも、長いお付き合いよろしくお願いいたします。

白基調のナチュラルシンプルなお家
リビング
リビングは明るい空間にしたいという希望がありました。
そのため2階リビングにし、天井を吹き抜けにして窓をたくさん設けました。
自然塗料で塗装して頂いた梁やシーリングファンも気に入っています。
床は、メイプルの突き板のフローリングをお願いしました。無垢のような風合いが感じられる上、床暖房にも対応しているため冬でも快適でした。
吹き付け断熱(アクアフォーム)と屋根の遮熱シートを施工して頂いたおかげで、夏でもそれほど暑くならず、冷暖房が効きやすいので快適に暮らしています。
ダイニング
ダイニングには上げ下げ窓をいくつか並べたいというイメージがありました。願い通りの雰囲気になってとても嬉しいです。
キッチン
明るい雰囲気になるように、全体的に白い色でまとめています。白いモザイクタイルを貼ってもらい、ナチュラルな雰囲気になりました。IHにしましたが、以前のガスコンロに比べて掃除が格段楽になりました。
キッチンニッチ
キッチンに調味料を入れるニッチが欲しかったので、お願いして作って頂きました。施工が難しかったようですが、現場で大工さんとも相談させていただき希望通りの形になりました。ニッチ内にはコンセントも付けて頂き、ミキサーなどを使用する際にとても重宝しています。
パントリー
1畳分のスペースに、L字形になるように可動棚を入れて頂きました。引渡後に棚板を増やしたこともあって、収納力抜群です。換気扇が付いているので、食品の匂いも気になりません。
ロフト
当面は子供用の遊び場として使うつもりで、おもちゃなどを置いています。
書斎
夫の趣味のものを置くスペース兼書斎として作りました。壁紙を変えたら雰囲気のある小部屋になりました。
ワークスペース
妻の作業スペースとして作りました。施主支給のチェッカーガラス板をはめたニッチを作って頂きました。
洗面所
明るい雰囲気になるよう、白でまとめました。タオルや下着を収納できる場所も作って頂きました。
階段
2階リビングのため、玄関からリビングへの導線を考え、玄関の前に階段をもってきました。階段数を16段に増やしたため上り下りがとても楽です。白いスチールの手すりは施主支給したものです。
トイレ(1階・2階)
アクセントクロスを入れたことで優しい雰囲気になったと思います。棚は入居後にDIYで設置しました。棚のための下地を施工時に入れてもらったのでしっかり取り付けられました。
玄関
大きな窓のおかげで明るい玄関になりました。また、土間に作って頂いた収納のおかげで、いつもすっきりした玄関を保てています。
玄関(外)
赤いポストと木目調の門柱を設置して頂き、ナチュラルで可愛い雰囲気になって満足しています。
子供部屋
男の子なので、水色のアクセントクロスで爽やかな雰囲気にしました。カーテンレールは入居後にゆっくり選んでDIYで設置しました。
リガードに対して
こちらからの細かい注文に対して、いつも真摯に向き合ってくださいました。「出来ない」と言われた事はなく、「どうすれば出来るか」をまず考えてくださったので、打ち合わせがとても楽しかったです。
営業さんにお伝えした事は、いつもスムーズに現場の大工さんに伝わっていました。また、間違いがないように、こちらとの認識合わせをしっかりしてくださったので、「お願いしたことと違う」ということがなく安心しておまかせできました。
標準仕様が充実していたのでとてもありがたかったです(床暖房や機能的なキッチン、タイル、等)。
予算内の価格と誠実さが魅力。 広々キッチンで料理も楽しい!

建売も考えていたO様。見積もりを数社とり、予算はもちろん、デザイン性や弊社社長をはじめ家づくりに対する熱意、社風なども気に入っていただき、弊社にご依頼いただきました。
オープンキッチンは奥様が心置きなく趣味の料理を楽しめるゆとりの空間になりました。また、キッチンの奥には玄関の様子がわかる小窓を設置。ペンダントライトも奥様のお気に入りです。
飾り梁のあるダイニングは特にお気に入りのデザイン空間です。
CDを発売するほど本格的に音楽に取り組んでいる旦那様。お気に入りは、なんと言っても旦那様専用の趣味の部屋!
また、小屋裏収納をロフトにした主寝室は、勾配天井の開放的な空間になっています。出入り口と収納を2ヶ所設けて将来、子ども部屋と間仕切れるようにしました。ウォークインクロゼットの出入り口はアールに仕上げ、やわらかい印象にまっています。
「現場には週1回も通いましたがいつも丁寧に対応してくれました。現場で相談しながら決めた部分も多く、キッチンの腰壁のニッチは担当者の齊田さんのアイデアで2段になったんですよ。照明など支給品のインテリアも快く取り付けてくれたので、とても助かりました」「最初は建売も考えましたが、理想の注文住宅に大満足」とO様から嬉しいお言葉を頂きました。

資料請求・お問い合わせはこちら
  • まずは資料請求 をしてみよう
  • 完成見学会 に参加してみよう