REGARD

ローコスト住宅にするための基礎知識

品質の良い住まいを、少しでもローコストで建てたいと感じている方は少なくないことでしょう。モデルハウスを見学してみたものの、思った以上に見積もり金額が高くて驚いている方もおられます。ここでは、ローコスト住宅を建てるための基礎知識について、ご紹介したいと思います。

ローコスト住宅を建てるためには工夫が必要とされる

ローコスト住宅を建てるために、建築資材や設備を大量一括購入したり、システムやデザインを合理化している規格型の家を選んだりという方法があります。できるだけ凹凸の少ない四角い間取りで、1階と2階が同じ面積の「総二階建て」を選ぶことで、快適な間取りのとり方を工夫することができます。設備や部材は、安く仕入れられるメーカーのものを活用したり、床や壁の塗装は自分たちで行なったりという方法でも、コストを低くすることができます。

ローコスト住宅を建てる際に注意しておくべきポイント

ローコストばかりに集中すると、生活が不便で快適でなかったり、後の修理に費用がかかったりしてしまうことがあります。ローコスト住宅で失敗しないためにも、設備や部材の品質や耐用年数を確認し、メンテナンスの方法も確かめておきましょう。大空間を取り入れる場合には、冷暖房の効き具合をチェックしておくことで、無駄な光熱費を抑えることができます。坪単価が安い広告でも、後にオプションがついて高くなることがありますから、注意が必要です。

ローコスト住宅を建てるために専門家に相談してみよう

最近では、ローコスト住宅を実現するために、建築会社が様々な努力を行っています。費用を抑えれば、材料の品質や人件費を安く抑える必要があり、品質と価格のバランスが難しくなります。ローコスト住宅を建てる際には、「どうして」安くできるのかを具体的に尋ねるようにしましょう。ローコスト住宅に関して、専門家に相談してみると適切なアドバイスを受けることができます。リガードなら費用を抑える方法について、納得できるまで相談に乗ってくれます。

まとめ

品質の良いローコスト住宅を建てるために、規格型の住宅を選んだり建築資材を安く利用したりするなど、様々な工夫をしてみましょう。価格が安いだけではなく、耐久年数や快適さも確認しておくことで、失敗しない家づくりをすることができるでしょう。

CATEGORY

注文住宅,