REGARD

雨風をしのぎ、日照を調節し、開放感を与える 軒の持つ三大メリット

かつての日本には軒の家並みがあった

住宅の多様化により軒のある家が少なくなってきましたが、かつての日本では軒高の揃った美しい家並みが多く見られました。

軒先で農作業をしたり、軒下で雨宿りをしながら近所の人とおしゃべりをするなど、情緒が感じられる経験をした方は多いことでしょう。

軒とは、住宅の壁面や窓ガラスなどより外側に出っ張っている屋根部分のことです。

軒のある家にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回はついつい見落としがちな、軒が持っている三大メリットについてご紹介したいと思います。

軒があることの3つのメリット

①雨風をしのぐ

軒は窓の上方向に設置されるため、雨除けの役目を果たし、窓からの雨水の吹き込みを防止する機能があります。

②日照を調節する

軒を設置することで、窓ガラスや外壁に当たる直射日光を遮り、室温が上昇しすぎるのを防ぐことができます。

冬場は日射角度が低くなるため、暖かい日差しを遮ることはありません。

③開放感を与える

家の中とも屋外とも違う開放的な空間を与えて、外気のさわやかさと安心感のある、ちょうど良い心地良さを感じることができます。

軒のある住宅のことなら専門家に相談してみよう

デザイン性を考慮するなら30センチ~60センチの軒の出が現実的ですが、最も機能的に優れている寸法は、日射角度がちょうど良くなる90cmと言われています。

軒が長過ぎると、居住スペースが狭くてデザイン性が悪くなったり、材料費や人件費がアップするなどのデメリットがあります。

逆に軒が短すぎると、夏場でも直射日光が差し込んだり、雨水が窓や外壁に当たって吹き込むなどの問題が起こります。

軒のある家を建てるには専門的な知識が必要ですから、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

軒がある家とない家では、住宅の耐久年数に倍以上の差が出ると言われています。

軒のある住宅の三大メリットを活かして、快適に暮らせる住まいを実現しましょう。

CATEGORY

屋根,

関連する記事を見る