REGARD

木造軸組工法や2×4工法に取って代わる?スーパーウォール工法の力

耐震性の高いスーパーウォール工法とは?

「耐震性の高い木造建築」には、古くからある木造軸組工法や、面材による外来工法である2×4工法があります。

近年、これらに代わる工法として「スーパーウォール工法」(SW工法)が注目されています。

スーパーウォール工法とは、高性能なパネルで家全体をすっぽり覆ってしまう工法です。

スーパーウォールパネルで作るモノコック構造が耐震性の鍵

スーパーウォール工法では、スーパーウォールパネルという専用の木材パネルを使用します。

スーパーウォールパネルには、建築基準法で木造最高となる壁倍率5倍の材料があります。

壁倍率は耐力壁の強さを表す数字ですので、耐震性が非常に高いことを意味します。

では、同じく耐震性に定評のある木造軸組工法(筋交い工法)と比べるとどうでしょうか。

木造軸組工法は「点接合」のため地震や台風などの外力が接合点に集中してしまい、ズレや破損が生じやすくなります。

これに対して、スーパーウォール工法ではモノコック構造と呼ばれる、面材を「面接合」した構造を作ります。

面接合された面材は「六面体をなす」とよく形容されますが、六面体とはサイコロのような形のことです。

モノコック構造は自動車や航空機などから発展した構造です。

住宅では天井・床・壁を一体化することで、面で受けた外力を全体に分散させて高い強度を実現します。

スーパーウォールパネルは耐震性だけでなく高い気密性・断熱性を備え、シックハウス症候群や結露にも対応しています。

さらに防火構造、準耐火構造の認定を受けており、防火制限や建築規制への対応力も高い建材です。

スーパーウォール工法のことなら専門家に相談してみよう

リガードの「トレッティオ」では、スーパーウォール工法により気密性、断熱性、耐震性に優れた快適な家をご提案しています。

もちろん、高断熱・高気密を生かすために計画換気の設計も重要になってきます。

スーパーウォール工法のことなら、セミオーダー住宅のプロ・リガードに気軽にご相談ください。

まとめ

耐震性・防火性・高気密・高断熱に優れたスーパーウォール工法に注目が集まっています。

スーパーウォール工法を取り入れて、安心で快適な木の家を実現させましょう。

関連する記事を見る