REGARD

間取りと耐震性の関係 直下率が低いと生じる床の不陸について

間取りで耐震性はどう変わる?

注文住宅の詳細打ち合わせに入ると、間取りについて施工業者と話し合いをすることになります。
「間取りは住みやすさに関する話だから、耐震性にはあまり関係ないかな?」と思っていませんか?
実はそれ、間違いなんです。間取りは耐震性に大きく影響してきます。

耐震性を損なわない間取りのための「直下率」

住宅には直下率という指標があります。
直下率とは、1階と2階の壁や柱の位置が一致する割合です。
言い換えると、1階と2階それぞれの平面図を重ね合わせた時に一致する柱や壁の割合です。
耐力壁の直下率を「壁直下率」、柱の直下率を「柱直下率」とそれぞれ呼びます。
直下率が低いと、耐震性に影響が出てきます。

また、住宅の「梁(はり)・桁(けた)・胴差し・土台」、要は「横方向に架ける部材」のことを横架材(おうかざい)と言いますが、柱直下率が低いと横架材がたわむ問題が生じます。横架材がたわむと、床の不陸(水平でなくでこぼこになる現象)が生じたり、ドアの開閉に不具合をきたすようになったりします。また、全体的な直下率が高くても、部分的に直下率が低くなっている部分があると、そこに問題が生じるケースもあります。

直下率は、全体の数値が高ければ大丈夫というものではなく、どの部分を取っても高く保たれていることが耐震性を高めるためには大切です。

耐震性の高い間取りの家を建てるには?

直下率の低い間取りになってしまうケースには、どのようなものがあるのでしょうか?例えば、1階の間取り、2階の間取りを別個に決めて、両者のすり合わせをしないまま施工するなどといった、ワークフローの問題が挙げられます。

木造住宅は、自由な設計を売りにしている場合も多いですが、耐震性能を高め、長く住める家づくりを考えるなら、自由な間取りと、直下率を高める為の間取り、バランスよく取り入れていくことが大切になるでしょう。ですので、このような家づくりの進め方をする施工者には注意をしましょう。

関連記事

・耐震性のイロハ – 偏心率で住宅のねじれにくさを表してみよう

CATEGORY

住宅の耐震性,

関連する記事を見る