REGARD

モダンと日本の心を融合させる。和モダンな家を作る際のポイント。

和モダンな家とは?

洋風建築が主流の現代の家づくりでも、どこかに和風テイストを取り入れたい・・・
そんな意向のお施主様が増えてきたのか、最近よく「和モダン」と言う言葉を耳にするようになりました。

では、「和モダン」と「和風」は一体何が違うのでしょうか?

和風は、昔ながらの日本家屋のスタイル。
京都の昔ながらの町並みに佇む木造の家屋、わびさびを大切にした千利休の茶室・・・
如何にも日本といったテイストでしょうか。

このような伝統的な和風なスタイルは古き良き日本の木造建築の良さを現代にも遺してくれていますが、現代の洋風な建築との調和を感じられるという方は余りいらっしゃらないでしょう。

一方、和モダンでは現代風のデザインとの融合が可能。
和風のイメージが京都の古き良き町並みだとしたら、和モダンは外国人観光客向けに和のテイストを取り入れたスタイリッシュなシティホテルのスウィートルームといった感じでしょうか?

畳や障子と言うような和のテイストを取り入れつつも、フローリングや洋風の壁紙、ソファといった現代の様式とうまく調和をしたスタイルが和モダンです。

和モダンのスタイルは、現代に調和しつつも日本の良い伝統を取り入れた、落ち着きのある飽きのこないデザインと言えます。

和モダンで意識してほしいポイント

和モダンでは、和風な要素と現代的要素の融合が一番大切なポイントになります。

  • 格子戸

和の雰囲気漂う格子戸も、黒やグレーを基調としたスタイリッシュな外壁と合わせると一気に和モダンな印象に。
目隠しや室内に取り込む光量の調節として利用されるルーバーにも似た雰囲気なので、意外とすんなりと溶け込みます。

  • 掘りごたつ

最近の掘りごたつは洋風リビングにも溶け込むデザインのものが増えてきています。リビングの一角に小上がりを作り、そこを掘りごたつにするのも良いでしょう。
「日本人最高の居場所!掘りごたつの最大の魅力とは」でも詳しくご紹介しています。

  • 障子

障子紙の持つ柔らかさは空間に安らぎを与えてくれます。
障子を引き戸に取り入れれば洋風の部屋に和のアクセントとなります。
また、障子が光を柔らかくしてくれるため、間接照明として寝室などにぴったりです。

和モダンスタイルの家は建築家にお任せ

現代風と和の融合したスタイルである「和モダン」は、バランスが難しくなかなか自分たちでやろうとしても難しいです。
このような調和を求められるスタイルを得意とするのが建築家です。

リガードでは、アトリエ建築家と直接話し合いをしながら家づくりを進めることができるため、このような難しいスタイルの家づくりも可能なのです。

関連する記事を見る