REGARD

042-320-4422

リガードの家づくりの姿勢

お客様の人生を背負う認識を持ち、建てる時も、建てた後も続くお付き合いで、幸せな暮らしを叶えてもらいたい。

「住宅会社は家を提供すればそれで終わり」だと私たちは思いません。人生の三大支出である「教育・老後・住宅」に関わる会社として、家づくりはお客さまの人生を背負うことであると考えます。プロとして想いやご要望を伺い、ご提案することはもちろんですが、ただ希望を聞くだけでなくお客さまの資金計画に無理があると判断した時は、家づくりを見直すご提案もいたします。そしてお客様に責任を持てないプロダクトは絶対に採用しないのがリガードのポリシーであり、ご提供する商品は世界各国・日本全国を研究し辿り着いた本物の商品です。
リガードとの家づくりで幸せな暮らしを叶えてもらいたい。リガードのビジョンから導き出された答えです。

リガードの家づくりの特徴

「本当に良い家」を「手の届く価格」でお客さまにご提供したい。

リガードは全社の掲げるビジョンに基づき、高性能(高断熱・高気密・高耐震)、デザイン・プランニング(設計力)、コストパフォーマンスの高さ、これらすべてが業界トップレベルの住まいを提供することを大切にしています。
ビジョン達成ができる住まいに辿り着くまで、私たちは何を提供すべきかを考えました。
安かろう悪かろうでは満足できない。高かろう無駄だろうだと老後にお金が残らない。人生の三大支出から想定して無理なく買える価格であること。そして提供する「良い家」は、日本全国の建築会社や住宅先進国であるヨーロッパを始めとする世界各国の家づくりを見学・研究し、耐震・制震を併用し地震に強いこと、夏涼しく冬暖かい高断熱・高気密仕様であること、建築家によるデザイン・プランニングであることが良い家の条件だと導き出しました。
導かれた答えを融合し、「本当に良い家」を「手の届く価格」で提供するリガードの家づくりが誕生しました。

リガードの家づくりの特徴 次へ

リガードの家づくりをもっと詳しく。

リガードのビジョン

リガードの家づくりはこのビジョンから導かれています。

リガード代表 内藤の源の想い
頑張っている⼈を⼀⼈でも多く引き上げ⼈類・社会に貢献する。

これが内藤個⼈の⼈⽣をかけたビジョンであり、
この「源の想い」から、リガードのビジョンは⽣み出されました。

リガードのビジョンを達成するため会社運営方針

1.Vision Management(ビジョン経営)

ビジョン、ミッション、経営理念をアクティブにし、ベクトルを合わせる。

2.Company expansion(企業拡張)

天上なき拡張を実現出来る会社にするため、人材育成、システム構築に注力する。

3.Product(商品)

お客様を幸せに出来るとリガードメンバーが確信を持てる、本物の商品しか取り扱わない。本物の商品とは、あらゆる角度から見て業界トップクラスであり、自信を持って提供出来る商品。ビジョンに基づき社会的に、意味もやりがいもある商品を提供する。

4.Legacy(遺産・財産)

100年、200年続く企業を目指すために、創業者のレガシーを残す。承継の仕方まで、レガシーとして残す。

この運営方針において本物の商品を提供し、お客様の人生をより豊かにする。
それが「リガードの家づくり」です。

リガードの家づくりの特徴 次へ

リガードの家づくりをもっと詳しく。