REGARD

042-320-4422

高性能で快適・安心。(1)耐震・制震併用の地震に強い住まい。

地震が多い日本で万全の対策を施し、住まう家族を守る。

いつ発生するかわからないこの自然災害から家族を守り、安心して暮らせる家にしたいと願い、私たちは高耐震の家をご提供。そして基本構造は線と面で支えるモノコック構造。建物全体で揺れを受け止め、大きな地震に対しても粘り強い住宅を実現することができます。

消防署などの災害拠点となる耐震等級3 の家が標準。

私たちの家は消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同水準の耐震等級3が標準仕様となっております。耐震等級とは、1であれば数百年に一度程度発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性であり、これを大幅に上回る基準で万全の地震対策を施しています。

全棟構造計算標準。より確かな構造の強さを証明致します。

建物の強さなどを測る構造計算。一般的な住宅(二階建て木造住宅)では行いませんが、さらに細かく建物の強さを計算し、お客様に確かな安心をご提供するため標準サービスとしてお付けしています。

繰り返しの地震にも強い制振対策も標準仕様。

近年大きな被害をもたらした「繰り返し起こる強い地震」。この繰り返しの地震による建物のダメージを軽減し、地震対策の高い性能発揮し続ける家にするため、私たちは制震テープによる地震対策を標準仕様としています。制震でない住宅は、大きな地震にあった後、揺れの回数が増えるごとに建物の変形が大きくなり、倒壊の危険性も大きくなります。それに比べて、制震住宅は、揺れの回数が重なっても変形が進みにくく、本震だけでなく、繰り返しの揺れや余震にも強さを発揮します。耐震+制震でより長く安心の家をご提供します。

 

リガードの家づくりの特徴 次へ

リガードの家づくりをもっと詳しく。