REGARD

4、『家族みんなが健康で長生きできる家とは』


次世代基準の家づくり。3つ目、家族みんなが健康で長生きできる家を作ります。家族が健康になる家、今現在、亡くなられる方たちの比率ですが、交通事故により亡くられる方よりも、家庭内における不慮の事故による、亡くなられる方の方が、数が上回ってきています。ヒートショックにより、浴室や洗面所で亡くなられる方が多いです。
夏場の熱中症も昨今、年々増えております。熱中症の40%は住宅で発生、65歳以上の亡くなられた方の60%以上が住宅内で亡くなっております。これは全て住宅の断熱性、この不足が原因です。
次世代基準を実現できるのが、そう私たちがこれから作っていくスーパーウォールで作成する住宅です。心身ともに健全であること、健康でなければならない、3つ、住まう人の健康、住まう地球の健康、住まう家の健康。人の体は心身共に健全であることが何よりです。家が健全であれば、長く命、財産を守ることができます。住まう地球の健康があれば、世代を超えて維持することが、持続することができます。
私たちが推奨する、リガードのスーパーウォール工法の概要です。スーパーウォール工法の構造です。住宅の外側を、高性能断熱材を充填したパネルで包み込むことで、高性能高い住宅を作っていきます。夏涼しく、冬暖かい、こんな理想の家を在来軸組み工法に合わせて、高性能パネルを併せ持つことで実現していきます。
ここで、ビデオを止めさせていただきます。