REGARD

想いもキッチリ収まった『収納住宅』

東京の閑静な住宅地に注目の邸宅が建っています。オーナーはメディアや講演などでも活躍中の収納王子コジマジックさん。収納のプロとして10年以上のキャリアの中で培ってきた収納アイデアの集大成となる住まいを志向されていました。「やりたいことがいっぱいあったので、対応力と提案力、設計自由度の高い住宅会社が絶対条件でした」とコジマジックさん。

とはいえ、リガードに最終的に決めた理由は『人』とのこと。「各社さん、それなりに対応してくれましたが、リガードさんは家づくりに対する熱意や真摯な姿勢など、人柄がずば抜けていた。この会社となら家族ぐるみで長いお付き合いができる、と感じました」。

家づくりのコンセプトは「家族の笑顔」でした。結婚するときに大先輩から贈られた、『いつも奥さんが笑っていられたら、その家庭は幸せだから』という一言が根底にあったとか。お子さん、奥様の笑顔を思い描きながら、間取りや設備、収納を1つ1つ突き詰めていかれたそうです。打ち合わせ時に図面を見て、「ここの壁の中って空いてます?」という具合に細部にわたり話を進め、そこに収納を設ける。まさに、ミリ単位の打ち合わせの成果。そして、デッドスペースが一切ない家が出来上がりました。中でも印象的なのは、1階に設けられたファミリークロゼットの設計です。南隣は水回りで、脱衣室兼洗濯コーナーとバスルーム、洗面台と物干し用のバルコニーがひとつながり。洗濯物を出す・洗う・干す・片づける、がとてもスムーズ!作業台で奥様がアイロンがけしながら、『ああ、ラク』なんて独り言が聞こえてくると、「本当にこだわってよかった」と。毎日、“いいね!”が積み重なって、人を笑顔にする幸せなコジマジックさんの住まいです。

無料実例冊子プレゼント無料実例冊子プレゼント

他の事例を見る