住まいの性能にこだわって建てた『いい家』

「家づくりを進めるにあたって、もちろん予算は気になりましたが、やはりいい家を建てたいという思いが強かったです。気密性や断熱性といった住まいの性能を数値化してくれるリガードは、家づくりを任せるうえで安心感がありました」とH様ご夫妻。

家族にとって暮らしやすい住まいをテーマに、間仕切り壁やドアを極力少なくして、シンプルな生活動線が設計されています。掃除や洗濯など家事が楽に済むように、行き止まりのない回遊動線で空間をレイアウトしました。「実際に暮らしはじめてみて、とても楽だと実感しています。希望していたウォークスルーのファミリークローゼットもそうですが、以前の暮らしと比べても動線がシンプルになって、家事の負担がすっかり減りました。いつも子どもが元気にぐるぐると家の中を駆け回っています」と奥様。

「一戸建てはどうしても密閉性などの性能はマンションに劣るだろうと思っていましたが、以前と比べても変わらない性能はすごいと思いました」とは、ご夫妻揃っての感想。“暮らしやすさ”をテーマに建てたというお住まいは、プランにも性能にも納得。住み始めて、より実感できる高性能な家づくりを実現することができたと満足そう。

また、H様のお宅は二世帯住居なので、互いの生活音を気にしなくていいように、床材の選択や水回りの配置など、防音性を高める設計を採用しています。それぞれの生活の邪魔にならないように。それでいて小さな子どもでも行き来しやすいように、階段のデザインにもしっかりと配慮されています。