部屋の広さ・狭さは視覚効果が影響する

何も置いていない室内は広く見えるもの。ところが、いざ手持ちの家具を置いてみると印象は一変し、「こんなに狭かったっけ?」と感じることがあります。

部屋が広く見えたり、狭く感じたりするのは視覚効果が大きく影響しています。この視覚効果をうまく利用すれば、面積以上に広く見せることもできるのです。

窮屈で落ち着かない部屋で過ごすよりも、広くて快適な空間でリラックスしたいと考えるのは当然のこと。そこで、今回は部屋をより広く見せる家具の配置方法についてご説明します。

キーワードは、「空間」「目線」「高低差」「色使い」です。

部屋を広く見せるキーワード

「空間を有効活用する」

室内に設置する家具の量は、多すぎると部屋が狭く感じられ、少なすぎると不安感を覚えます。家具の占有率は、部屋の面積の3分の1が理想とされています。たとえば、9畳のリビングなら家具が占める面積は3畳が理想的です。まず、部屋面積の3分の1を超えない程度まで家具をセレクトしましょう。

せっかくセレクトした家具でも無秩序に置いてしまうと、空間に余裕がなくなって圧迫感を覚えます。家具は部屋のあちこちに分散させず、一辺あるいはコーナーにまとめて設置しましょう。床面をなるべく多く見せるのがコツで、動線が明確になって快適さも向上します。

 

「目線を意識する」

部屋に入ったときの目線は奥に向かうのが普通です。このため、正面に見える壁の手前に本棚やクローゼットといった背の高い家具を置いてしまうと、必要以上に部屋が狭く見えてしまいます。

背の高い家具は部屋のサイドに置くのが基本です。とくに、正面に窓がある場合は手前に何も置かず、窓の先に見える景色まで室内に取り込むとよいでしょう。

また、長方形の家具は、長辺が奥に向かうように設置すると、目線が奥に走って広さを実感できます。壁や床の木目なども方向も奥に向かうように設置するのが基本です。

 

「高低差を利用する」

目の錯覚を利用して部屋を広く見せることもできます。この場合の錯覚とは、「同じ大きさのものでも近くにあると大きく、遠くにあると小さい」と脳が認識することです。この錯覚を利用して、部屋の入り口から見て手前に背の高い家具、奥に背の低い家具を置けば部屋を広く見せることができます。

これから家具を選ぶ段階であれば、目線より背の低いタイプの家具を選択し、手前から奥に向かって背の高い順に並べていくと、より効果的です。

 

「色使いに配慮する」

白はインテリアカラーの中で明度がもっとも高く、部屋を広く見せるのに役立ちます。家具や家電をこれから買い揃える場合は、白色系で統一すると部屋がより広く見えます。既存の家具が黒や紺などの場合は、白い布でカバーする方法もあります。白色系の家具ばかり並んで単調になってしまったら、観葉植物などでアクセントを加えるとインテリアが引き立つでしょう。

 

リガードは家具についてのご相談にも対応します

大きくて重い家具や家電は、いったん配置してしまうと後で動かすのに大変な手間を要します。このため、プランニングの際にどんな家具・家電をどこに置くのかをざっくりとでも決めておくと後の面倒を回避できます。

インテリアを熟知したリガードは、部屋が広く見えるように家具を配置したい、家具と内装の色調を統一したい、不足する家具を補うために造作してほしいなど、あらゆる相談について適切に対応いたします。

どんな家具を置きたいのか、その家でどんな暮らしを実現したいのか、ぜひ当社スタッフにお聞かせください。

無料セミナーのご案内

アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD