REGARD

IOT住宅に詳しくなろう!

IOT住宅とは

 

 

「IOT」と言う言葉は、最近インターネットやテレビCMでもよく流れてくるので、一度は聞いたことがあると言う人が多いと思います。

 

しかし、言葉自体は聞いたことがあっても、それが何を意味するのかまで知っている人はあまり多くはないのではないでしょうか?

 

IOTの技術は既に家づくりにも浸透しており、IOTを取り入れることで生活がますます便利になっていくと予想されます。

 

まずはIOTの定義と、IOTでできることを知り、今後の家づくりに役立てましょう。

 

IOTの定義とIOT住宅とは

 

 

まず、IOTとは「Internet of Things」の頭文字をとったもので、モノのインターネットと訳されています。

 

コンピューターや携帯電話だけでなく、様々なモノに通信機能を持たせてインターネットに接続させることで、自動認識、制御、遠隔操作など様々なことが可能になります。

 

この技術を住宅に取り入れたものが、IOT住宅です。

住宅にある様々なモノをインターネットに接続させることで、生活がより便利で快適になることが期待されています。

 

では、具体的にはどのように便利になっていくのでしょうか?

 

IOT住宅で何が変わる

 

 

スマートロック

 

 

車の鍵のように、触るだけで鍵の開け閉めができるもの、スマホを利用して開け閉めできるものなどがあります。

スマホを利用するタイプの場合、鍵を持っていないくてもスマホがあれば良いので、共働きで子供が一人で家に帰る時でも鍵をなく心配がありません。

 

また、出先でスマホから鍵の施錠状況を確認できることで、閉め忘れを防ぐことができますし、万が一空き巣等で不審な出入りがあれば出先でもすぐに確認できます。

もちろん、鍵穴がないので鍵自体の防犯性も非常に高いです。

 

最新の玄関ドアであれば、製品自体にスマートロックが備わっているものがありますが、スマートロックを後付けできるものもあります。

 

リモートコントロール

 

 

今まではテレビ、エアコン、照明・・・それぞれの家電にそれぞれのリモコンが必要でした。

リモコンが増えるとどこに置いたか忘れてしまったり、ごちゃごちゃしてしまったりしてしまいます。

しかし、スマートリモコンでリモコンを一本化すれば、文字通りスマートに家電のコントロールが行えるようになるのです。

 

さらに、スマートリモコンをAIスピーカーにつなげれば、声だけで操作が可能になります。

 

生活がより便利になるのはもちろん、バリアフリーの観点からも注目されています。

 

最新技術を取り入れた家づくり

 

 

家づくりに関わる技術は日々進化しています。

リガードでは、IOTを取り入れた家づくりのご提案も可能です。

 

まずは、家づくりを一から学べるリガードのセミナーへぜひお越しください。

CATEGORY

家電製品,

関連する記事を見る