REGARD

今、注目されているスマートハウスとは

住宅購入の際には知っておくべきスマートハウス

 

 

スマートハウスという言葉は一度は聞いたことがある方が多いかと思います。

テレビのCMやネットや雑誌の広告でもよく見かけますよね。

しかし、言葉自体は聞いたことがあっても、具体的にスマートハウスがどのようなものかまで知っている方は多くはないかもしれません。

ですが、住宅購入を考えている場合、スマートハウスについては知っていて損はないと言えます。

今回の記事では、スマートハウスの基本を紐解いていきますので、まずはどのようなものか知るところからはじめてみませんか?

 

スマートハウスとは

 

 

スマートハウスとは、実は具体的な定義があるものではありません。

しかし、一般的には太陽光発電等の自家発電システム、発電したエネルギーを蓄える蓄電池を設置し、さらにHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)と言うエネルギー消費を見える化して最適化する設備が設置されている住宅を指している言葉です。

 

つまり、簡単に言えばスマートハウスはエネルギー効率の高い家ということになります。

 

IOT住宅が利便性を重視しているのに対し、スマートハウスは省エネを重視している住宅です。

どちらも最近の家づくりには欠かせないワードですが、コンセプト自体が全く違う別物です。

 

スマートハウスのメリット、デメリット

 

 

最新設備を用いて住宅のエネルギー効率を上げるスマートハウスですが、当然ですがメリットもあればデメリットもあります。

 

メリット

 

 

スマートハウスの一番のメリットは、節電が今までよりも簡単にできるようになり、さらに自家発電エネルギーを利用しているので光熱費を大幅に抑えることが可能になる点でしょう。

蓄電池に電気をためておく事で、万が一の災害時でも電気を利用することも可能です。

 

デメリット

 

 

スマートハウスを導入することで、長期的に見ると光熱費を大幅に抑えることが可能ですが、初期費用がとても高いです。

節約という点のみで見ると、初期投資を回収するまでにはかなりの年月がかかってしまうことが予想されます。

 

さらに、設備には点検がつきものです。

年月が経てば故障もしてくることもあるため、修理費もかかります。

スマートハウスの設備自体のランニングコストもかかってしまうのです。

 

スマートハウスのような最新設備はもちろん、住宅の設備にはメリット・デメリットが必ず存在するものです。

そのため、設備の取捨選択は家族だけではなかなか決めきれないものですよね。

 

リガードのセミナーでは、そんな家づくりのお悩みのヒントになるような、家づくりに関する最新情報をお届けしております。

まずはお気軽にご参加ください。

 

CATEGORY

家電製品,

関連する記事を見る