REGARD

042-320-4422
壁掛けテレビがかかっているダイニングルーム

家具を一つ減らすと、空間がものすごく広くなる

家具って一つでも結構な大きさがありますよね。大きさがあるものだから、一つでも家具を減らすことができたら部屋はかなり広く感じられるようになります。
広々としたリビングは、開放感があって素敵ですよね。
でも、リビングは収納したいものも多いし、減らせる家具なんてないのでは?と考える方もいらっしゃると思います。
確かに、リビングの家具は減らせるものがなかなかないですが、テレビを壁掛けテレビにすることで、テレビ台を減らすことができるかもしれません。

そこで、今回は薄型テレビの普及により、取り入れる家庭も増えてきた壁掛けテレビのメリットやデメリットをご紹介致します。

壁掛けテレビのメリットやデメリットの話

壁掛けテレビはおしゃれなだけじゃない

壁掛けテレビって、とってもオシャレなイメージがありませんか?
テレビ自体がインテリアのように機能していて、まるでラグジュアリーホテルのような非日常感を味わうことができますよね。
テレビを壁にかけることで、テレビ台を設置しないこともできます。テレビ台がなくなることで、空間をより有効に使用することができますので、都内の狭小住宅にも向いているんです。

また、壁掛けテレビの場合、周りにインテリアを配置することはあまりなく、テレビ周辺はすっきりした印象になります。テレビ周りがすっきりしていると、テレビの映像に集中することができます。映画鑑賞が趣味のご家族にもぴったりですよね。
さらに、「テレビ台の下の掃除を一度サボってしまった時、しばらく掃除する気が起きないほどホコリがたまったという経験をしたことはございませんか?そのテレビ台がなくなることで、その下に埃が溜まることがなくなり、掃除も楽になるというメリットも。

このように壁掛けテレビはオシャレなだけでなく、機能面でもメリットがたくさんあるんです。

壁掛けテレビのデメリットについて

壁掛けテレビにしてテレビ台を撤去すると、テレビ台に収納していた分の荷物の置き場に困ってしまいます。収納を意識して設置をしないと、結局収納が足りなくなり部屋がごちゃごちゃしてしまうということになりかねません。
また、壁掛けテレビを壁にかける金具は、テレビの機種によって変わる場合があります。テレビを買い替えた時に金具の部品が変わると、多少値が張る金具の交換もしなければならず、コストがかかる可能性があります。

壁掛けテレビの配線と壁の種類について

壁掛けテレビは重量もあるので、取り付ける前に自分の家の壁は取り付けられる壁なのかを確認する必要があります。取り付けたい場所の壁がコンクリート壁や塗り壁、タイル張りの場合は強度的にはOKですが、施工が難しいので業者に頼むのが一般的です。
木壁や石膏ボードの壁は、DIYで取り付けることも可能です。
しかし、石膏ボードの場合は強度不足による、壁の補強が必要になる場合があります。その場合、石膏ボード壁の裏側の柱を見つけ、その柱に板を打ち付けるような形にして補強をします。

壁の準備が整ったら、壁掛け金具を壁に取り付けてテレビを取り付けます。

また、壁掛けテレビをすっきりと見せるには、配線がとても重要です。
いくらテレビ台がなくすっきりしていても、壁にかけたテレビの下から配線が出ていたら勿体無いですよね。
配線を隠す方法としては、テレビの後ろにコンセント口を設置して見えないようにしたり、配線を壁の裏に通したりする方法があります。配線モールで配線を覆い隠す方法であれば簡単にすっきり見せることもできます。

壁掛けテレビを意識して造るリビング空間

新築住宅に壁掛けテレビを施工すれば、部屋が一気に引き締まり、空間も有効に使えることでしょう。来客の目を惹くポイントにもなりますね。

新築時は、壁掛けテレビを施工するタイミングとしては最適な時期です。
配線が隠れるようにテレビの裏にコンセント口を設置したり、壁掛けテレビ周りの収納を配置するのは、新築時に検討しておくのがいいでしょう。
リガードでは、建築家と話し合いをしながら家づくりを進めておりますので、壁掛けテレビを意識した収納の設計や、配線を隠すことを意識したコンセント周り、設置しやすい壁の選択などができます。

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

無料セミナーのご案内

第46回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会(9月8日(土) 14:00~17:00 国分寺市)を実施予定です。家作りについてもっとしっかり知りたい方、ぜひご参加ください!
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD