REGARD

スマートキーボックスが実現する、新しい「鍵の受け渡し方法」

小学生・中学生のお子さんに鍵を預けたい、という方のための新しい選択肢

近年「スマートロック」が注目を集めるようになってきています。

鍵いらずでスマホで玄関の開け閉めをできるため、子供に鍵を持たせる必要がなくなる安心感から親御さんの関心を集めているようです。

一方で、「スマートキーボックス」という選択肢も出現しており、ドアに対する施工が不要な「鍵の受け渡し方法」として注目されています。
民泊や不動産の内覧などにも利用され始めているんですよ。
また、鍵を誰がいつ開けたかといった記録も管理できるので、防犯面でも安心です。スマホを用いた遠隔操作も注目を集めています。

スマートキーボックスとは?

スマートキーボックスとは、ドアノブにかけておくキーボックスで、中に鍵を入れておくことができます。
専用アプリを用いてスマホで開けるほか、期間限定の暗証番号で解錠することも出来、誰がいつ使用したかを管理者は確認することが出来るため、防犯面でも安心なんです。

民泊などで利用されていますが、一般家庭では共働き等で子供が帰るときに親がいない場合、スマートキーボックスに鍵を入れておくことで、ポストでの受け渡しのように「第3者に鍵を奪われてしまう」というリスクなくカギの受け渡しが可能です。
子供が鍵を持ち歩かなくて良いので、カギの紛失の心配がないところもポイントです。

また、スマートキーボックスをいつ、誰が利用したかは管理者がいつでも確認することができますので、子供が何時頃帰宅したのかも確認することができます。

メリット

スマートキーボックスがあることで、カギの受け渡しをスマートに、スムーズに、安全に行うことが可能です。
暗証番号も期間設定ができるため、暗証番号の情報漏洩による犯罪を防ぐことも可能です。

また、カギ自体をスマートキーにするには多額の費用が必要ですが、スマートキーボックスならボックスを購入するだけなのでお手軽に導入することが可能です。

暮らしの課題を解決するITに注目

「子供へのカギの受け渡し」は、昔からある問題でした。
普段から親が仕事等でいない家庭は学校に鍵を持って行っている子もおりますが、合鍵を持っていない場合は家のポストなどに親が鍵を隠し、それを子供が利用するなんてことがよくあったものです。
この方法では第3者に鍵を使用されてしまうリスクが高く、とても危険ですよね。

このように昔からあった鍵の受け渡し問題も、テクノロジーの進化でスマートに解決されるのかもしれません。

技術の進歩は目覚ましく、日々様々な製品が開発されています。
家づくりに関するテクノロジーも例外ではなく、日頃アンテナを張っておくことが大切です。

リガードでも、常に最新情報をキャッチアップし、お客様にご提供できるよう、スタッフは日々精進しております。

CATEGORY

防犯,

関連する記事を見る