REGARD

来客を知らせるだけじゃない!最新のインターホンが防犯にも有効な理由とは

インターホンが変わると防犯効果がUPする?

一昔前は呼び鈴と呼ばれ、ただ家人に来客を知らせるブザーの役割だけだったインターホン。
インターホンは、いつしかモニター付きが主流になり、来客をただ知らせるだけでなく、どのような来客なのかを知らせるものになりました。ドアを開ける前から来客がどのような人かわかるようになったことで、防犯効果がアップしたと言えます。
しかし、突然やってくる営業や勧誘など、できればあまり出たくないような来客もいますよね。
そのような来客の中には、居留守を避けるためにインターホンの死角から鳴らす人もいるそうです。
また、空き巣はあえてインターホンを鳴らして不在を確認することもあるそうで、モニターがついていても防犯機能は完璧とは言えません。
そこで、最新のインターホンはこのようなケースにも対応できるよう、新たな機能が搭載されているものが出てきています。
今回は防犯機能がアップした最新のインターホン機能をご紹介します。

ここがすごい!最新インターホンの機能とは?

録画機能付き

空き巣はインターホンを直接押して家に人がいるかを確認することがあります。
そして空き巣は絶対に顔を見られたくないため、カメラに映らないような角度で押してくる場合が多いです。
録画機能があれば、録画を見て防犯を強化することもできますし、また万が一被害に遭ってしまった時には重要な証拠になるでしょう。
録画機能付のインターホンとわかるように、ステッカーを貼っておくとより有効です。
空き巣はローリスクを好むため、防犯意識の高い家は最初から狙わない傾向があるのです。

広角レンズで死角がない

先述の通り、空き巣はカメラに映らない角度からインターホンを鳴らす場合があります。
また、居留守を使われることが多いセールスや勧誘なども、あえて死角から鳴らして玄関を開けさせようとする場合もあります。
広角レンズ搭載カメラは、死角がほとんどないためこのようなことをされても顔をはっきりと写すことができます。

電子錠と自動連携

インターホンで応対しても、玄関の鍵を開けるには玄関まで行かなければなりません。
しかし、インターホンと電子錠を連携すれば、わざわざ玄関まで行かなくても鍵を開けることができます。
二階リビングで玄関から遠い場所に普段いる場合などに便利です。

スマホと連携

スマホと連携すれば、外出先でもすぐに来客がわかります。
また、室内にいてもインターホンまで出向かなくてもスマホで直接応対ができるので便利です。

最新機能を取り入れて犯罪から家を守ろう

家電の進化は思っている以上に速く、次々と新しい機能が登場してきています。
インターホンも例外ではありません。
最新機能のインターホンは、防犯面でも格段に性能がアップしています。
空き巣などの犯罪から身を守るために、新築の家にはぜひ最新のインターホンを導入しましょう。

CATEGORY

防犯,

関連する記事を見る