REGARD

042-320-4422
壁に取り付けられてこちらを向いている防犯カメラ

泥棒が嫌う家とは?

泥棒に入られない家にするためには、泥棒に嫌われる家にする必要があります。
泥棒に嫌われる家には以下のような特徴があります。

・あまり死角がない家

泥棒は人に見られることを極端に嫌いますから、死角がない家は隠れ場所がなく、侵入しにくい家といえます。

・外から2階へ上がる足場がない家

2階は人の目線も届きにくく、未施錠の窓も多いことから泥棒のよく利用する侵入経路です。
その2階に上がるための足場がないということは、2階からの侵入を困難にし、泥棒の好む侵入経路を一つなくすことに繋がります。

また、泥棒が非常に嫌う家として、「防犯カメラが効果的に設置されている家」というものがあります。

家庭用防犯カメラの効果とは

家庭用防犯カメラを設置することで、泥棒を家に寄り付かせないという効果があります。
防犯カメラが外から見える位置にある家は、防犯意識がたかそうな家に見えますよね。
そのような家を泥棒は避けようとするため、防犯カメラは犯罪の抑止力になるのです。

多くの泥棒は防犯カメラがあることで侵入を諦めますが、それでも100%泥棒の侵入を防げるわけではありません。防犯カメラが設置されていることから、お金のある家だと考え、あえて侵入しようとする泥棒も少なからず存在します。
また、防犯カメラに死角がある場合、泥棒はその隙を狙って侵入してくる可能性があります。
防犯カメラを設置する際には死角を作らないような配置を心がけましょう。

それでも泥棒が侵入してしまった場合には、防犯カメラの映像が証拠品としての役割を果たします。

家庭用防犯カメラを「効果的に」設置するには

家庭用防犯カメラを効果的に設置するためには、防犯カメラの死角を作らないことが大切です。
そのため、防犯カメラは複数設置し、玄関などの1階部分だけでなく2階の開口部にも注意を払うようにしましょう。
家の構造がわかる図面を元に死角ができないように防犯カメラの設置位置を決めることも大切です。

新築の場合は、防犯カメラの設置を検討していることをあらかじめ建築家に相談しておくことで、死角が少なく、泥棒の侵入しにくい家を建てることができます。
リガードでは、建築家と相談しながら防犯性、デザイン性ともに優れた家づくりを行うこととが可能です。
防犯もデザインも妥協をしたくないとお考えの方はぜひリガードまでご相談ください。

・R+houseの建築事例

・REGARD BRAND CONCEPT

・お問い合わせ

無料セミナーのご案内

第46回 ~知らなきゃ損する~ 後悔しないための賢い家づくり勉強会(9月8日(土) 14:00~17:00 国分寺市)を実施予定です。家作りについてもっとしっかり知りたい方、ぜひご参加ください!
アイコン

資料ライブラリーLIBRARY

REGARD