REGARD

航空機への過剰な防音対策が生活音を大きくする?外部騒音への対策に潜む思わぬ落とし穴

外部への防音対策はますます重要に

2020年に東京オリンピックを控え、ますます航空機の発着数が増える空港。先日も、羽田空港の新ルートが発表されるなど、盛り上がりを見せています。しかし、そこで注目されているのがやはり「騒音」。

高度3000フィートを通過する練馬区周辺では”かなりうるさく、大きな声を出さないと会話ができない”と言われているレベルの騒音が予想されているのが現状です。

これを受け、私たち住民にとって「防音」対策というものはより重要な意味を持つものになってくるのではないでしょうか。

大切な人と過ごす住宅だからこそ、静かな空間で快適な時間を過ごしたいものですよね。
以上のことを鑑みて、西東京地区での外部騒音対策もますます重要になりそうです。

意外なところに潜む騒音対策の落とし穴

防音対策は、防音性の高い建材の使用や間取りの工夫などが必要で、家づくりの段階から配慮を行う必要があります。

また、防音対策は、「自分の家の音を、外に出さないようにする対策」と、「周りの音を自分の家に入れないようにする」対策の2つがあるので、どのような環境に住宅を建てるのかによって、十分に検討する必要があります。

しかし、外部への過剰な騒音対策は、家の中での生活音を大きく感じさせてしまうデメリットがあることをご存知でしょうか。

というのも、外部の音をシャットアウトし過ぎると、天井や床、界壁などを伝って屋内に響いてしまうのです。

よって、騒音対策も一概にただ強化すればいいというものではなく、あなたの家に合った対策を行うことで、費用の削減にもなり、思わぬトラブルを防ぐことができます。

二世帯住宅などを検討されている方なども、一緒に住むご家族のことを考えて、心地よい環境づくりを心がけたいですね。

あなたの家に最適な騒音対策を

弊社は西東京地区を拠点とし、注文住宅を取り扱うメーカーです。

西東京地区独自の問題にもすぐに対応できる強さを自負しています。

このエリアで住宅の購入をご検討中の方は是非ともお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る