REGARD

注文住宅を建てるなら。体感で家づくりが分かる「モデルハウス」の魅力

注文住宅の実物は完成するまで見ることができない

建売住宅の場合、購入する家の実物を目で確かめてから購入することができます。
しかし、注文住宅では契約をしてから家を建て始めるので、契約の段階では実物を確認することができません。
実物を見ることができないと、実際に住んだ時のイメージが湧きにくいですよね。
そこで、注文住宅の場合は「モデルハウス」を見てイメージを掴んでいくことになります。

モデルハウスを見ることで、実際のイメージが想像しやすくなるのです。
今回の記事では、モデルハウスを見てわかることを紹介していきます。

モデルハウスで分かること

間取りの体感

間取りは図面を見ていてもなかなか動線や使い勝手をイメージすることは難しいです。
希望の間取りに近いモデルルームを見ることで、使い勝手を実際の目で確かめることができます。
家事動線などは実際に動いて見ないとわかりにくいものです、洗濯物を洗って干す動線、キッチンで料理を作って配膳をする動線など、毎日の欠かせない動作をしっかり確認しておきましょう。

家の広さ

モデルハウスで◯畳のリビング、◯畳の寝室、◯畳の子供部屋・・・など実際に目で見ることで、ご自身の家ではどれくらいの広さが必要かを感覚でつかむことができます。

また、建売住宅で売られている物件を見る場合は部屋に何もない状態で見学をすることが多いですよね。
モデルルームの場合、ある程度インテリアが揃っている状態の部屋を見学することができるため、「家具を置いたら思ったより狭かった・・・」ということも少なく、実際に近いイメージを見ることができます。

住宅性能

住宅性能も目で見て確かめることができるのが、モデルルームの魅力の一つです。
特に気密性断熱性は体感しやすく、夏は涼しく冬は暖かい高気密高断熱性能の家を体感することができます。

お施主様に寄り添った家づくりならリガードまで

今回は「モデルハウスの魅力」をご紹介しました。
モデルハウスを見ることで、話や図面だけではイメージしにくかった部分を目で見て、肌で感じることができます。
リガードも実際のお住まいをご体感いただけるモデルハウスをご用意しております。
ぜひお気軽にご体感くださいませ。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る