REGARD

ウッドデッキに屋根を取り付けるメリットは?その際注意することは?

ウッドデッキに屋根は必要?

憧れのウッドデッキ。天気がいい日には子供と遊んだり、洗濯物を外で干したり、と日常生活の中でも何かと役立ってくれるものです。

せっかくのマイホームだからこそ、設置する際にはメリット・デメリットを踏まえて、目隠しや屋根などを一緒に設置することも考えておきたいものですね。

結論から言うと、ウッドデッキを取り付けるのであれば、屋根付きをお勧めします。

ウッドデッキに屋根をつけるメリットは?

では、ウッドデッキに屋根をつけるメリットは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

雨よけ効果がある

雨よけ効果があることで、耐久性が高まります。よって、メンテナンスが楽になったり、ウッドデッキを長く使うことができるというメリットも。

さらに、洗濯物もいつでも干すことができるようになります。室内への雨の吹き込みも防いでくれるので、湿気対策が必要な梅雨の季節でも空気の換気ができるなどのメリットがあります。


最後に、天気に左右されず、家族でBBQや晩酌が楽しめるなどの時間の過ごし方も可能です。

暑さ対策になる

屋根があることで室内に入ってくる日差しを遮ることができるので、夏は暑さ対策になります

暑さ対策になることで、省エネ効果もあり、冷房代の節約にも繋がります。

ウッドデッキに屋根をつける際に気をつけるべきことは?

室内が暗くなる

屋根をつけると、室内に入ってくる光の量が減ってしまうと言うデメリットがあります。
よって、先ほど夏場は暑さ対策になるとお伝えしましたが、冬は逆に室内の気温が上がりづらいと感じてしまうデメリットがあります。

暴風対策が必要

台風やゲリラ豪雨など、近年家を建てるときに必ず意識しておきたい自然災害時にはウッドデッキの屋根は大きく影響を受ける可能性が高いです。

よって、出し入れができるテント生地の「オーニング」タイプの屋根のように、調整なものを選んでおくなどの対策が必要です。

ウッドデッキの設置をご検討中なら

ウッドデッキの屋根は、家の外見をも左右するくらい目立つもの。

耐久性・安全性や雨避け性などをみつつも、自分のこだわりの空間を実現したいものですよね。

弊社では、プロのアトリエ建築家による家づくりを行っているので、細かい部分へのこだわりの実現にも貢献させていただきます。

是非一度お気軽にご相談ください。

関連する記事を見る