REGARD

階段下を有効活用できる!?階段下トイレについて考える

「狭小住宅でも、快適な空間にしたい」

そんな方におすすめなのが、階段下トイレです。

限られたスペースを有効活用してトイレを設置することで、家の面積を他のスペースに割り当てることができます。

そこで今回は、階段下トイレについて詳しくご紹介します。

限られたスペースを効果的に使える階段下トイレ

狭小住宅を快適な空間にするには、「限られたスペースをいかに活用できるか」が重要です。

そこで注目したいのが、デッドスペースになりがち階段下のスペース。

階段下収納として活用されることが多いですが、入口が狭かったり奥行きが深すぎたりと、使い勝手が悪いことも多いです。

ここにトイレを設置することで、階段下を有効に使えます。

デメリットを挙げるのであれば、トイレが全体的に狭くなってしまうという点です。

背の高い方や来客の方が多く使う場合は、トイレは他に設置した方が良いかもしれません。

階段下トイレを効果的に使うためのワンポイントアドバイス

スペースを有効に使える階段下トイレ。

しかし、全体的に狭くなってしまうので、効果的に使うには工夫が必要です。

ここでは階段下トイレを効果的に使うためのワンポイントアドバイスをご紹介します。

コンパクトなタンクレストイレを選ぶ

トイレ本体は、なるべくコンパクトなタンクレストイレを選ぶのがおすすめです。

タンクが無い分高さが抑えられ、狭いトイレスペースでも広々と見せられます。

手洗い機能は付いていないので、トイレ内の側面などに手洗い場を別途設置する必要があります。

スペースを活用して収納場所を作る

通常のトイレよりも全体的に狭い階段下トイレは、収納場所にも工夫が必要です。

トイレの奥の壁を収納にしたり、トイレ左右に棚を設置したりと、スペースをフル活用して収納場所を作りましょう。

トイレの種類によっては、トイレと収納が一体化したものもあるので、そういったものを活用するのもおすすめです。

埋め込み式の間接照明にする

天井が低い上、階段の下という制約のため、設置できる照明が限られます。

明るすぎず、かつサイズ感のあったものを選ばなければいけません。

スペースを活用してスッキリとさせたいなら、埋め込み式の間接照明がおすすめ。

照明を確保しつつ、オシャレな空間になります。

階段下トイレに興味がある方へ

今回は、階段下トイレについて詳しくご紹介しました。

リガードは東京、神奈川、埼玉の一部(※本社から車で1時間半以内)を施工範囲と定めているハウスメーカーです。

狭小住宅の施工事例も多くあるので階段下トイレなどのご相談にも乗ることができます。

また注文住宅なので施主様のご要望を広く取り入れることもできます。

興味がある方はぜひリガードまでご相談ください。

CATEGORY

トイレ, 注文住宅,

関連する記事を見る