REGARD

コーブ照明のある住宅とは?住宅に柔らかな灯りを

夢のマイホーム。インテリアにこだわるなら、照明にもこだわりたいところですよね。

照明器具のデザインはもちろんのこと、光の具合なども、好みがあるのではないでしょうか。

光加減や色加減によってお部屋の雰囲気をぐっと上げてくれる照明。

今回は、最近流行りの「コーブ照明」についてご紹介します。

コーブ照明ってどんなもの?その仕組みもご紹介

「コーブ照明」という照明をご存知でしょうか。

普段インテリアショップなどに行かないと、名前を聞いてもいまいちピンとこないですよね。

「コーブ照明」は間接照明の一種で、主に折り上げ天井に施工されます。一般には、ホテルなどで多く使用されている照明です。

「折り上げ天井」とは、簡単にいうと天井の中央を周りより高くおいた天井のことをいいます。

コーブ照明を天井のくぼみの中に器具を設置することで、天井に光を反射させるという方法によりお部屋を優しく照らしてくれます。

よって、直接光が目に入ることがなく、反射した光を届けてくれるので、ホテルのような高級感ある空間を演出してくれるのが特徴です。

そのため眩しさなどを感じにくく、部屋全体を柔らかい明るさで包んでくれます。

「オフィスなどの蛍光灯の明るい色が苦手・・・」という人に是非ともおすすめしたい照明器具です。

コーブ照明をあなたの住宅に取り入れるためには?注意点を紹介

そんな温かい空間を演出してくれる「コーブ照明」。

しかし、施工する際にはいくつか注意しなければならない点があります。

なるべく高く広い天井を用意する

狭く、低い天井だと照明と天井が近すぎて、天井に強い光の線が映り込む可能性があります。

よって、天井はなるべく高い方がよく、照明の間隔を広く取ることで柔らかい光を反射させることができます。

コーブ照明を考えている場合は、設計の段階から注意する必要がありそうです。

室内の色、インテリアに合わせて照明を選ぶ

照明の色でお部屋の雰囲気は大いに変わるもの。

コーブ照明に使う蛍光灯は暖色系を選ぶと、やわらかい雰囲気を演出してくれます。

また、家全体の照明器具はできるだけ同一の器具を選定することで、均一で綺麗な光を演出することができます。

よって、コーブ照明を取り付ける部屋のに他の照明器具を取り付けてある場合は考慮する必要があります。

さらに、配置にも要注意です。エアコンや家具を照らしてしまうと反射してしまったり余計な影を作ったりしてしまうため、綺麗に光が均一に反射するような余裕のある場所に設置する必要があります。

間接照明は使いすぎには気をつける

しかし、やはりオシャレだからといって間接照明をメインに取り付けすぎるのはおすすめしません。

というのも、関節照明器具が演出してくれる光は、柔らかな光ゆえにはっきりとしたものでは無いという点に留意する必要があるからです。

家全体を間接照明だけで賄うのは家が暗い雰囲気になってしまう可能性があります。

キッチンや勉強部屋や書斎など、手元を十分に照らす必要がある場所では、間接照明だけでは不便なので、補助の照明を置くことも考慮するといいでしょう。

間接照明を取り入れた家づくりを

リガードではコーブ照明の他にも間接照明の施工を多数行なっておりますので、御施主様のお好みや希望に合わせてお部屋に最適な照明のご提案が可能です。

特に、コーブ照明と同じように反射させた光でお部屋を温かく照らしてくれる「コーニス照明」などにも強みを持っております。

ご興味のある方は是非リガードまでお気軽にお問い合わせください。

CATEGORY

注文住宅, 照明,

関連する記事を見る