REGARD

猫と快適に暮らすための家づくり

大きな目に、フワフワの小さな体、愛くるしい仕草……そんなかわいい猫と暮らす日々は、幸せいっぱいですよね。家づくりでは、大切な家族の一員である猫ちゃんが快適に暮らせるようにしたいもの。今回は、猫と快適に暮らすための家づくりの工夫をご紹介します。

陽だまりの窓辺スペース

「猫はこたつで丸くなる~」なんて歌われるくらい、暖かいところが大好きな猫。窓前の台座の幅を広げ、日光浴ができるスペースを設けてあげましょう。外に出たがる猫も、窓から外の景色を眺められてご満悦に。誰にも邪魔されずぐっすりお昼寝できる、とっておきの場所になるはずです。

爪とぎ柱

猫にとって大切な爪をお手入れするための、爪とぎ。習性だから仕方ないとはいえ、新しい家をボロボロに傷つけられたら悲しいですよね…。そこで、あらかじめ猫が爪をとげる「爪とぎ柱」を作っておくのはいかがでしょうか。

猫はお気に入りの場所を見つけると、同じ場所で爪とぎを繰り返します。猫が好む固くて安定した爪とぎ柱を用意しておけば、その他の場所での爪とぎを予防できます。

室内用ペットドア

暖房や冷房をつけたときは、部屋を締め切っておきたいですよね。しかし自由気ままな猫にはそんな事情は通用しません。お部屋の外に出たがったかと思えば、今度は中に入りたくてニャアニャア訴えてくる……なんて経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、猫専用の室内用ペットドア。猫が自由に出入りできて、暖房や冷房の空気も逃しません。お留守番時は寝室に入れないようにするなど、フレキシブルに使用可能です。

ネコを入れたくないエリアにライトスルースクリーン

危ないものにイタズラしてケガをしたり、大切な物を壊されたりしないように、一緒に暮らしていても入れたくないエリアってありますよね。ネコは賢くドアの開け閉めができる動物なので、締め切っていてもお留守番の間に入ってしまうことも。そこで鍵付きの間仕切りできるライトスルースクリーンを用意しておけば、勝手に入られることもなく安心です。

猫に優しい家を作ろう!

今回は、猫と快適に暮らすための家づくりの工夫をご紹介しました。猫にとって居心地の良い家にするためには、猫の特徴や習性をきちんと理解して、居場所をつくってあげることが大切です。「猫のためにこんな工夫をしてあげたい」という希望があれば、ぜひリガードへご相談ください。アトリエ建築家と一緒に、イメージにぴったりの家づくりを叶えられます。

関連する記事を見る