REGARD

使い勝手の良い玄関をつくろう

家族みんなが毎日使う玄関。「実際住んでみたら、意外と狭かった…」なんて後悔しないために、使い勝手の良い玄関をつくりたいですよね。そこで今回は、玄関をつくるポイントをご紹介します。

広さと明るさをチェック

使い勝手の良い玄関にするためには、人数に見合った「広さ」と適度な「明るさ」がポイントです。玄関が狭すぎると、複数人でお出かけするとき上着や靴をスムーズに脱ぎ着できず、バタバタしてしまいます。最適な広さは家族の人数によっても異なりますが、最低でも「大人2人が並んで不自由のない広さ」があることが理想です。

また夜間に外出、帰宅したときのために、明るさも重要です。照明のタイプや位置のほか、小窓など十分な明るさを確保できるかもチェックしましょう。

玄関扉はなるべくワイドに

玄関扉にはさまざまな種類がありますが、中でもおすすめなのは、なるべく幅の広いワイドなタイプのものです。後付け家具を後から運ぶときや、自転車、ベビーカーなどを玄関に入れるとき、玄関扉が狭いと大変。特に小さな子どもを連れてベビーカーを出し入れするのは一苦労です。玄関扉がワイドだと、これらの出し入れがスムーズなので雨の日でも快適にお出かけできます。車いすも入りやすいため、バリアフリーで万が一のときも安心です。

収納スペースを確保

靴はもちろん、傘、園芸用品、アウトドア用品など……玄関にしまっておきたいものは意外とたくさんあります。家族が増えればそれだけ靴も増えるので、玄関の収納スペースはしっかり確保しておきましょう。あらかじめ玄関に何を収納したいか書き出しておくと、どれくらいの収納スペースが必要かイメージしやすいです。

使い勝手の良い玄関でお出かけがもっと楽しく快適に!

今回は、玄関をつくるポイントをご紹介しました。「玄関は家の顔」とよく言われますが、それくらい玄関は家のイメージを決める大切な場所。せっかく外観や家の中がきれいでも、狭くてごちゃごちゃした玄関だと、台無しです。使い勝手の良い玄関だと家のイメージが良くなり、お出かけももっと楽しく快適になるはず。

玄関についてご要望があれば、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様の家族やライフスタイルに合わせたご提案で、理想の家づくりをサポートいたします。

CATEGORY

注文住宅, 玄関,

関連する記事を見る