REGARD

ママもパパも安心!赤ちゃんを守る家づくり

子どもが生まれてから家を建てる人もいれば、子どもがいない状態で家を建てる人もいますよね。やることがたくさんの子育て。ママとパパの負担を少しでも減らして、赤ちゃんの安全を見守りながら子育てができるように、環境を整えておくことが大切です。家づくりの段階で環境を整えておけば、いざというときに焦らずに済みます。そこで今回は、赤ちゃんを守る家づくりのポイントをご紹介します。

キッチンからリビングが見えるように

1日の中で、ママが長く過ごす場所がキッチンですよね。赤ちゃんが寝たり一人でおとなしく遊んだりしている隙に、急いで食事の準備をしている方も多いでしょう。そんなときに、キッチンからリビングが見えたらとても便利。料理や皿洗いをしながらでも、赤ちゃんの様子をチェックできます。

理想はキッチンからLDKや和室など、全てを見渡せるような間取り。誤飲やうつぶせ寝、ベビーベットからの転落など、赤ちゃんの身の回りには危険がいっぱいなので、いつでも見守れる環境だと安心して子育てできます。

床には柔らかい素材がオススメ

歩けない赤ちゃんは床との接地面が大きく、また頭が重いためにバランスを崩して転倒してしまうこともよくあります。転倒したときに頭をぶつけて怪我しないために、床には柔らかい素材がおすすめです。同じフローリングでも、表面の加工や素材によって硬さが異なるのでチェックしてみてください。寝転んでくつろげる畳もおすすめです。

リビングに大容量の収納を

赤ちゃんをお世話する上で、オムツやおしりふきなどは毎日頻繁に使うもの。すぐ手が届くところに常備しておきたいですよね。そこでリビングに大容量の収納を用意しておくと、気がついたときにパッと取り出せて便利です。大容量の収納場所があると、「とりあえず入れておく」ことが可能なので、床に置きっぱなしにせずに済み、生活感も減らせます。

赤ちゃんを見守り健やかに育む家づくり

今回は、赤ちゃんを守る家づくりのポイントをご紹介しました。何かと心配事の多い子育て。特に生まれたばかりの小さな赤ちゃんだと、些細な危険が命取りになってしまうことも……。ママやパパの不安を少しでも解消して、安心安全に子育てができるように、家づくりの段階から環境を整えておきましょう。

リガードは、ご施主様とご家族を末永く見守る家づくりをサポートいたします。気になることや家づくりに関するご要望があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る