REGARD

小さなキッチンでも快適に料理するためのポイント

ショールームのような広いキッチンは、多くの主婦にとっての憧れですよね。しかし狭小住宅だと、キッチンに使えるスペースも限られてしまいます。小さなキッチンでも、工夫次第で使い勝手がぐんと良くなるんです。そこで今回は、小さなキッチンでも快適に料理するためのポイントをご紹介します。

壁面収納

調味料や買い置きの食材、調理器具など……キッチンに収納しておきたいものはたくさんありますよね。キッチンが狭く収納を十分に確保できないときにおすすめなのが、壁面収納です。ラックタイプからバータイプ、ディスプレイボードタイプなど、豊富なサイズと種類が揃っています。壁が広くなくても、ぴったりのアイテムを見つけやすいです。

壁面収納は「見せる収納」になるので見た目がごちゃごちゃしてしまいがちですが、キッチングッズのカラーや雰囲気を統一することで一気におしゃれになります。手を伸ばしてすぐに使えるので、作業効率がアップするメリットも。カフェ風のおしゃれなキッチンにするなら、有孔ボードもおすすめです。

カバーを使ってコンロ上も作業スペースに

狭いキッチンにありがちな問題が、作業スペースが狭すぎること。その問題を解消するために、カバーを使ってコンロ上も作業スペースにしましょう。コンロ上は、使用していないときはデットスペースになっていることが多いです。コンロカバーを使えば、ここも作業スペースとして活用できます。また料理していないときも、コンロ部分を隠すことでキッチンがスッキリ清潔感のある見た目になります。

作業スペースにもなるキッチンワゴンを活用

収納と作業スペースを一気に増やすには、可動式のキッチンワゴンがおすすめ。好きな場所に動かせるため、料理を終えたらシンクやカウンターにぴったり寄せておけば邪魔になりません。食料品のストックや野菜などを収納できて、上はちょっとした調理スペースとして。コンロの近くに置いたり、ゴミ箱のすぐ近くで野菜の皮むきをしたり、さまざまな場面で活用できます。

小さなキッチンで快適に料理を楽しもう

今回は、小さなキッチンでも快適に料理するためのポイントをご紹介しました。小さなキッチンでも、工夫次第で料理作りを快適に楽しめます。ポイントはいかに「収納」と「作業スペース」の両方を増やすか。理想のキッチンを叶えるなら、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、最適なご提案で家づくりをサポートいたします。