REGARD

室内でも油断大敵!住まいの紫外線対策

暑くなってくると気になるのが紫外線。「家の中にいるから安心」と思って油断していると、お昼寝から目が覚めたら肌が真っ赤に日焼けしてた!なんてことになりかねません。さらに人間の肌だけでなく、紫外線が及ぼす影響は住まいにも。壁や床などが白っぽく色あせてしまうんです。今回は、室内の紫外線対策に有効な対策についてお伝えします。

窓の外にサンシェードやすだれを吊るす

窓ガラスやカーテンで遮っていても日当たりの良い窓際で過ごしていると、多少なりとも日焼けはしてしまうもの。さらに直射日光で、室温も上昇します。そこで窓の外にサンシェードやすだれを吊るすことで、太陽からの紫外線や直射日光を遮ることができるんです。ベランダのドア付近から吊るして設置するだけで、簡単にできる対策です。

グリーンカーテンなどをする。

「吊るす」対策なら、グリーンカーテンもおすすめです。ゴーヤやアサガオ、ヘチマなど、ツル科の植物で家の窓や壁側を覆い、文字通り「緑のカーテン」をつくる方法です。紫外線をしっかり遮りつつ、見た目も涼し気に。野菜や果物を育てれば、採りたてを食べる楽しみもできます。

窓を遮熱タイプの物にする

一般的な窓ガラスだと、紫外線はガラスを通過して室内に入ってきてしまいます。しかし遮熱タイプの窓ガラスなら、紫外線を大幅カット。「Low-E複層ガラス」と呼ばれる窓ガラスは、ガラスの内部に「low-e膜」と呼ばれる特殊金属膜を設けており、これによりかなりの紫外線量をカットします。もちろん日射熱も遮ってくれるので、断熱性能が良くなり、省エネにつながります。

窓ガラスに紫外線カットフィルムを貼る

すべての窓を遮熱タイプにしようと思うと、費用がかさんでしまいますよね。そこでおすすめなのが紫外線カットフィルム。光のほとんどは透過させつつ、紫外線のみをカットするように材質に工夫をこらして作られたフィルムです。貼るだけなので簡単で、かつ値段を抑えて紫外線対策ができます。

紫外線対策で住まいもお肌も守ろう

今回は、室内の紫外線対策に有効な対策についてお伝えしました。住まいもお肌も、紫外線から受けるダメージは大きいもの。何も対策しないでいると気付いたころにはお肌は真っ黒、床や壁も色あせてしまいます。気軽にできる対策もあるので、住まいの中でも油断せずにしっかり紫外線対策しておきましょう。紫外線対策について疑問や不安があれば、ぜひリガードへご相談ください。リガードでは経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様の理想を叶える家づくりをサポートいたします。

関連する記事を見る