REGARD

意外と豊富!?網戸の種類と選び方

風を通しつつ、虫の侵入を防いでくれる網戸。虫が発生しやすい暖かい季節には、欠かせないアイテムです。網戸と一言にいっても、その種類はさまざまで特徴も異なります。使い勝手や窓との相性を考えて、自分の家に合った網戸を選ぶ必要があります。そこで今回は、網戸の種類と選び方についてご紹介します。

網戸の色

網戸の色はブラックやグレーなどが主流ですが、そのほかにアイボリーやブルーなどの網戸もあります。外の景色がハッキリと見えるようにするなら、ブラックがおすすめ。しかしテラス窓など人の出入りが多い窓だと、網戸の存在感がなさすぎて誤って衝突してしまうリスクもあります。またホコリが目立ちやすいため、定期的な掃除が必要です。

アイボリー系だと、外からは網戸だと分かりづらく景観を損ねません。しかし外から家の中が見えやすくなるため、プライバシーの面ではデメリットも。外からは見えにくく、中からの眺望は確保できる銀黒マジックネットもあります。

網目の細かさ

網目の細かさは、1インチあたりの網目の数で18、20、30などと表示されます。数字が大きいものほど網目が細かくなり、細かいほど防虫効果が高くなります。網目が細かすぎるものは通気性は下がるため、バランスが大切です。中にはペット等の引っ掻きに強い網や、花粉が侵入しにくい網など、さまざまな機能を持ったものもあります。

網戸の枠

網戸の枠は大きく分けて、「パネルタイプ」「アコーディオンタイプ」「ロール式」「折れ戸式」の4種類があります。

最も一般的な網戸の枠は、横引き窓と一緒に使われることの多い「パネルタイプ」です。シンプルな構造なので価格が安く、メンテナンスしやすいのがポイント。ネットの張替えも簡単にできて、故障してもホームセンターで枠ごと購入できます。

風景を楽しみたい窓には「アコーディオンタイプ」がおすすめです。網戸を使用しないときは折りたたんで収納できて、見た目もすっきりします。さらにすっきりシンプルにしたいなら「ロール式」、玄関ドアには「折れ戸式」が便利です。

自分の家に合った網戸を選ぼう

今回は、網戸の種類と選び方についてご紹介しました。意外と種類が豊富な網戸。網戸は虫の侵入を防ぐのはもちろん、花粉対策や通気性アップなど、住まいを快適にするための大切な役割を担っています。今回の記事を参考に、自分の家にぴったりの網戸を選びましょう。リガードでは経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様の家づくりをサポートいたします。家づくりでお悩みのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

CATEGORY

注文住宅, , 開口部,

関連する記事を見る