REGARD

読書の秋!本をスッキリ収納するアイデアをご紹介

近年は電子書籍も増えてきたけど、やっぱり紙の本をめくって読み進めるのが好き。そんな読書好きの方も多いのではないでしょうか。しかし紙の本は、どんどん増えてかさばってしまいます。読みたい本は尽きることはなくても、収納には限りがあるので、本の収納は悩みのタネですよね。そこで今回は、本をスッキリ収納するアイデアをご紹介します。

キャスター付きの棚

たくさん本があっても、定期的に手に取るお気に入りの本は決まっているという方は多いはず。頻繁には読まないけど大切に持っておきたい本、シリーズものの本などは、必ずしもすぐ手に取れる位置に収納しなくても良いことも。そこでおすすめなのが、キャスター付きの棚です。押し入れやクローゼットなどにすっきり入れ込んで、奥行きのある収納スペースを効率よく活用できます。キャスター付きなら、大量の本が入っていてもスムーズに動かせるので、奥の方に収納した本も楽々取り出せるのがポイントです。

階段のデッドスペースを活用

家の収納で意外と見落としがちなデッドスペースが、階段下。広くて奥行きはあるものの、壁が斜めになっていたり段になっていたりするため、収納としてはちょっと使いづらい空間です。しかし実は、本の収納には優秀なスペース。例えば階段の側面を本棚にすると、本好きにはたまらない小さな図書館のような空間になります。階段を椅子代わりにして、いつまでも読書を続けてしまいそうです。先ほどご紹介したキャスター付きの棚を、階段下に入れ込むのもおすすめです。

書斎を作る

本がかなり多いなら、書斎を作るのもおすすめ。好きな本に囲まれた、自分だけのとっておきの空間になります。誰にも邪魔されることがないので、読書の世界に浸れそうです。デスクの正面に本棚を作ってお気に入りの本を並べれば、次々に本へ手が伸びます。

お気に入りの本をスッキリ収納!

今回は、本をスッキリ収納するアイデアをご紹介しました。デッドスペースを有効活用することで、限られたスペースでもたくさんの本を収納できます。読書を思い切り楽しめる家づくりをするなら、ぜひリガードへご相談ください。収納スペースを増やした間取りや書斎づくりのポイントなど、経験豊富なアトリエ建築家がご施主様のご希望に沿ってご提案いたします。

CATEGORY

収納, 注文住宅,

関連する記事を見る