REGARD

憧れの檜風呂を実現!檜風呂のメリット・デメリットをご紹介

天然の木材を活用した香り高い桧風呂。自宅で檜風呂に浸かれたら、毎日温泉気分でリラックスできそうですよね。とは言え、「お手入れが大変そう…」と躊躇する方も多いかもしれませんが、それを上回るメリットが檜風呂にはあるんです。そこで今回は、檜風呂を検討している方に向けて、メリットとデメリットをご紹介します。

檜風呂のメリット・デメリット

自宅に檜風呂を導入する前に、メリットとデメリットについてきちんと知っておきたいもの。ここでは檜風呂のメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

メリット

檜風呂のメリットと言えば、なんといってもその香り。檜の香りは「アルファピネン」「トルネオール」という物質を含んでおり、気分を落ち着かせる効果があると言われています。また、木ならではの温もりのある、肌触りの良さも魅力。やさしい肌触りと香りに包まれながらお湯に浸かれば、まるで温泉にいるかのような気分を味わえます。ヒバやサワラなど他の木材を用いた浴槽もありますが、これらと比べると檜は腐食しづらく、湿気に強いです。

デメリット

檜風呂の大きなデメリットは、定期的なお手入れが必要なこと。他の木材に比べると腐食しづらいとは言え、自然素材なので樹脂やステンレスと比べると湿気に弱く、こまめなお手入れは必須です。お手入れの仕方や頻度によって、檜風呂の寿命も変わってきます。日々の掃除を怠ると、瞬く間にカビが広がってしまいます。また、水垢による変色にも注意が必要です。使った後はあまり時間をおかずに掃除し、柔らかい布で拭いてしっかり乾燥させることが大切です。檜特有の光沢を維持するために、特殊な加工が施された商品もあります。

檜風呂で贅沢なバスタイムを

今回は、檜風呂のメリット・デメリットをご紹介しました。自然素材なので長く活用し続けるためにはメンテナンスは欠かせませんが、その分愛着が湧くもの。自分自身の手で「育てる」感覚で、檜風呂を楽しんでみてください。理想のバスルームを叶えるには、ぜひリガードへご相談ください。檜風呂の導入はもちろん、バスルームの間取りや内装まで、ご施主様のご希望に合わせて経験豊富なアトリエ建築家がサポートいたします。

CATEGORY

お風呂, 注文住宅,

関連する記事を見る