REGARD

料理の楽しみが広がる!ガスオーブンのススメ

料理が趣味な方におすすめなのが、ガスオーブンの導入です。同じ材料やレシピでも、ガスオーブンを使うと本格的な味わいに。料理がもっと楽しくなること間違いなしです。ガスオーブンはあとから取り付けるよりも、新築時に設置した方が動線を決めやすいです。そこで今回は、ガスオーブンのメリット・デメリットと活用法をご紹介します。

ガスオーブンのメリット・デメリット

導入前には、良いことばかりではなく悪いことも知っておきたいもの。ここではガスオーブンのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

ガスオーブンの大きなメリットは、強い火力で食材を一気に焼き上げるので、食感良く仕上がること。まるでお店のような、本格的な仕上がりになります。ガスオーブンは予熱時間が短く、料理の段取りもしやすいです。たとえば200度に予熱する場合、電気オーブンだと10分程度かかるのに対して、ガスオーブンは5分以内。あっという間に予熱が完了するので、「待っている間にパン生地の発酵が進みすぎた」なんて失敗も防げます。またオーブンの庫内が広いため、一度にたくさんの料理を作れるのもメリット。上下二段で複数のメニューを同時調理もできるので、料理の時間を短縮できます。人数の多い家族や、人を招いて食事することが多い方におすすめです。

デメリット

ガスオーブンは大きいサイズのものが多いので、どうしても場所をとってしまいます。さらに値段は電気オーブンと比べるとお高め。また設置する際にはガスの元栓の場所や火災のリスクを考慮しなければならないため、場所が限定されるのもデメリットです。「キッチンの動線を考えたらここに置きたいのに、ガスオーブンを設置できない」なんてこともあります。

ガスオーブンの活用法

さまざまな食材をおいしく焼き上げるガスオーブンですが、そのメリットが特に際立つのはパン作り。ホームベーカリーや電気オーブンでもパンは焼けますが、ガスオーブンで焼きあげたパンはまたひと味違います。表面はカリッと香ばしく、中はふんわりもっちりです。

パーティで喜ばれるピザもガスオーブンで焼き上げると絶品に。火力が強いガスオーブンなら、生地から具材まであっという間に火を通すことができます。イタリアンレストランのような本格的なピザを楽しめます。

ガスオーブンは扉を開けても温度が下がりにくく、大きなお肉を調理しやすいです。鶏の丸焼きやローストビーフなど、大きなブロック肉を使った料理もしっとりジューシーに焼き上げます。

ガスオーブンで食卓を華やかに!

今回は、ガスオーブンのメリット・デメリットと活用法をご紹介しました。普段の食事やおやつはもちろん、ちょっと特別な日のごはんやパーティー料理に大活躍するガスオーブン。家づくりの段階からガスオーブンの設置を検討していれば、動線を考えた間取りにしやすいです。理想のキッチンを実現するなら、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様の家づくりをしっかりとサポートします。

関連する記事を見る