REGARD

住宅のトイレの位置はどこがベスト? 間取りの考え方

家族が毎日使うトイレは、家の住み心地を左右する大切な場所。清潔で使いやすく、落ち着けるような空間にしたいですよね。内装はともかく、トイレの位置は家づくりの段階でしっかり考えておかないと後から変更するのは大変です。トイレをどこに作ろうか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、家づくりの際にチェックしておきたいトイレの間取りの考え方をご紹介します。

トイレの場所を決める注意点

トイレの場所を決める際は、以下の点に注意しましょう。

  • 使用中の音やにおいに注意
  • 利用シーンを想像する
  • 家族の事情を考慮する

いくら気心の知れた家族とは言え、使用中の音やにおいが分かるような場所だと落ち着きません。くつろいだり食事をしたりしているときにトイレの音やにおいに気付くような距離感だと、気付いた側もなんとなく気まずいもの。家族が過ごすリビングからはある程度離れていた方が良いでしょう。目隠しを作ってワンクッション挟むなど、「トイレの扉を開けたらすぐリビング」といった間取りにならないよう工夫が必要です。

また利用シーンを想像して間取りを決めることも大切です。たとえば来客が多い家庭だと、玄関そばにトイレを作ると「トイレに行きたいけど来客が気になって行けない」なんて事態になりがちです。

生活リズムの違う家族がいるなら、夜中にトイレの音で起こされないように寝室に隣接させない方が良いでしょう。高齢の家族がいるなら、トイレに行きやすいよう普段過ごす部屋の近くにトイレを設けるのもひとつの手です。

トイレの広さは1畳くらいが目安

トイレは「広ければ広いほど良い」という訳ではありません。広すぎると落ち着かなくなったり、他の部屋との兼ね合いでスペースが限られたりすることもあるでしょう。一般的に、トイレの広さは1畳くらいです。1畳だと設置するトイレは手洗い器とトイレタンクが一体型になったものが多いです。

また、便器からドアまでの距離も重要です。トイレ内でスムーズに動けるよう、家族の体格も考慮して間取りを決めましょう。狭いスペースしかとれない場合は、スッキリとしたデザインのタンクレストイレがおすすめです。奥行きが生まれるため、狭くても動きやすいです。

快適なトイレをつくろう

今回は、家づくりの際にチェックしておきたいトイレの間取りの考え方をご紹介しました。トイレは毎日使う場所だからこそ、家族が落ち着ける快適な空間にしたいもの。トイレの間取りは「これが正解」というものはなく、家族構成や利用するシーンによって異なります。今回の記事を参考にして、快適なトイレの間取りについて検討してみてください。

トイレづくりで不安や疑問がある方は、ぜひリガードへご相談ください。間取りや空間づくりのポイントなど、経験豊富なアトリエ建築家がご施主様のご希望に沿ってご提案いたします。

CATEGORY

トイレ, 注文住宅,

関連する記事を見る