REGARD

バスルームをオシャレに!アクセントパネルの選び方

一日の疲れを癒すバスルームは、オシャレで気分が上がる空間にしたいもの。そこでおすすめなのが、アクセントパネルです。お風呂の壁は一色で単調になりがちですが、アクセントパネルは自由に好きな色を組み合わせられます。とは言えたくさん種類があると、どんな色を選べば悩んでしまいますよね。そこで今回は、アクセントパネルの選び方についてご紹介します。

暖かい雰囲気にするなら「木目」

温泉旅館のような檜風呂など、木材の風呂に憧れる方は多いのではないでしょうか。しかし費用がかさんだりお手入れが大変だったりで、なかなかハードルが高いもの。そこでおすすめなのが、木目のアクセントパネルです。手頃な価格で木の温かな雰囲気を感じられるので、アクセントパネルの色では圧倒的な人気を誇ります。淡い色からシックな色合いまでバリエーション豊富で、汚れが目立ちにくいので長く楽しめます。

やさしい雰囲気にするなら「パステルカラー」

「一日の疲れを癒やす空間だからこそ、やさしい雰囲気を演出したい」という方におすすめなのが、パステルカラーのアクセントパネル。女性的で柔らかいカラーはお風呂にぴったりで、清潔感もあります。しかしトーンが明るめなので、水垢が目立ちやすいのがデメリットです。頻繁に水気を拭き取り、きれいにしておきましょう。

スタイリッシュにしたいなら「ビビットカラー」

ホテルのようなスタイリッシュでおしゃれなお風呂にしたいなら、オレンジや赤などビビットカラーのアクセントパネルがおすすめです。全体をビビットカラーにするとしつこいけれど、アクセントカラーだと全体が引き締まって見えます。メインを白や黒にすると、ビビットカラーがよく映えます。ビビットカラーは飽きやすい色でもあるので、どの色にするかは慎重に選びましょう。

お風呂をおしゃれにするアクセントパネル

今回は、お風呂をおしゃれに演出するアクセントパネルの選び方についてご紹介しました。おしゃれな空間にすれば、まるでホテルや温泉のような気分を自宅で味わえて、毎日の疲れを癒やせるはず。お風呂の空間づくりでお悩みのことがある方は、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご家族のライフスタイルやご希望に沿った家づくりをご提案いたします。

CATEGORY

お風呂, 注文住宅,

関連する記事を見る