こんなにある!無垢床の種類と特徴

木ならではのぬくもりのある無垢床は、近年大人気です。 無垢床と一言に言っても、その種類は様々なのご存知でしたか?それぞれ異なる風合いと特徴があるので、理想の部屋に合わせて床材を選択することが大切です。そこで今回は無垢床の種類と特徴についてご紹介します。

広葉樹系

広葉樹系の床材は硬く、傷になりにくいのが特徴です。肌触りは少しひんやりしています。広葉樹系には、以下のような種類があります。

カバ

木目が抑えめで、ばらつきやゆがみが少ないのが特徴です。硬さの割にはリーズナブルで、時間がたってもきれいな状態を維持したい方にはおすすめの床材です。

アカシア

耐久性があり、ペットが走り回ったり小さいお子様がものを落としたりしても傷がつきにくいのがメリットです。耐水性も高いため、キッチンや洗面所でも比較的使いやすい木材です。

このほかにも、以下のような種類があります。

  • クルミ
  • オーク(ナラ)
  • チーク
  • ウォルナット

針葉樹系

針葉樹系の床材は柔らかく、傷になりやすいのが特徴です。その分肌触りは温かく、木のぬくもりを感じられます。針葉樹系には、以下のような種類があります。

ヒノキ

ヒノキといえば「ヒノキ風呂」のイメージがありますが、お風呂に使われるだけあって湿気に強く、耐水性に優れています。値段は少し高めですが、アロマ効果もある独特の良い香りが魅力的です。

杉ならではのいい香りを感じられる床材です。傷はつきやすいものの、柔らかく居心地の良い床になります。経年変化で味わいが出てくるので、家族と家の歴史を一緒に刻んでくれるのも魅力のひとつ。価格は無垢床では一番リーズナブルなので、コストを抑えたい方にもおすすめです。

このほかにも、以下のような種類があります。

  • パイン(マツ)
  • チェスナット
  • オーク

理想にぴったりな無垢床を選ぼう!

今回は無垢床の種類と特徴についてご紹介しました。その木ならではの色や木目、香りを楽しめる無垢床は、床材選びが重要なポイント。木の種類によって大きく異なるので、どんな雰囲気の部屋にしたいのか、その部屋でどんな風に過ごしたいのかをイメージしながら選びましょう。床材選びに悩んだときは、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご施主様とご家族のライフスタイルに沿ってアドバイスいたします。

CATEGORY

床材, 注文住宅,