お風呂掃除がとにかく楽になる!バスルーム設計のポイント

毎日使うお風呂は、きれいに保ちたいもの。しかしほっておくとすぐに水垢やカビが発生してしまうため、「お風呂掃除が憂鬱……」という主婦・主夫の方も多いのではないでしょうか。お風呂掃除を楽にするためには、バスルームの設計がポイント。汚れが溜まりやすい場所だからこそ、掃除しやすい作りを意識しましょう。今回は、お風呂掃除がとにかく楽になるバスルーム設計のポイントについてご紹介します。

継ぎ目のないフラットな床やパネルに

レトロでかわいらしいデザインのタイル張りも良いですが、掃除しやすくするなら継ぎ目のないフラットな床やパネルがおすすめ。継ぎ目は汚れが溜まりやすく、細かい隙間はブラシを使ってもなかなか汚れが落ちません。フラットでも滑りづらいように凹凸がついた床材も豊富にあります。またパネルにも木目や豊富なカラーがあるので、好みのデザインを選んで、掃除しやすく理想のバスルームを作れます。

収納や機能は必要最低限に

鏡やラックなど、収納や機能がたくさんついているのは一見便利そうに見えますよね。しかし、収納や機能が多ければ多いほど掃除しなければいけない箇所も増えてしまいます。細かい箇所は汚れが溜まりやすい上に、掃除しづらいのがさらに面倒。掃除をなるべく楽にしたいなら、収納や機能は使うものだけに絞り、必要最低限にしましょう。

地面や壁に接するものをなるべく減らす

掃除しやすいバスルームにするには、地面や壁に接するものはなるべく減らしましょう。湿気が高いバスルームは、地面や壁に接している箇所からカビや水垢が発生する原因となります。収納を最低限にした上で、椅子は4本足のものにしたり、シャンプーボトルや洗面器などは「吊るす」収納にするなど対策をしましょう。おけやカミソリ、バススポンジなどの軽いものの収納は、マグネットを使うのもおすすめです。

掃除しやすくストレスフリーなお風呂に

今回は、お風呂掃除がとにかく楽になるバスルーム設計のポイントについてご紹介しました。お風呂は毎日の疲れを癒す場所だからこそ、ストレスフリーにきれいを維持して居心地の良い空間にしましょう。お風呂の設計について不安や疑問がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。

CATEGORY

お風呂, 注文住宅,