意外と奥深い。ガラスの種類と選び方をご紹介

戸建てやマンションなどの住宅や身の回りの建物に使われているガラス。一見同じように見えるガラスにも、さまざまな種類があります。家づくりに際して、「機能性の高いガラスにはどんなものがあるの?」「部屋の雰囲気に合ったデザインのガラスを知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、ガラスの種類と選び方についてご紹介します。

ガラスの種類と特徴をチェック

住宅に使われる一般的なガラスの種類は、以下のとおりです。

  • 透明ガラス
  • 網入りガラス
  • 型板ガラス
  • 複層ガラス

それぞれの特徴についてご紹介します。

透明ガラス

透明ガラスは「フロートガラス」とも呼ばれ、住宅の窓ガラスとして利用される最もスタンダードなガラス。表面に凹凸がない一枚板のガラスで、特殊な加工が施されていないシンプルな構造です。飛散防止や目かくし、遮熱、断熱など、透明ガラス用のフィルムシートを貼ることで機能性を高めることができます。

網入りガラス

透明ガラスに網状のワイヤーが入っているガラスです。防犯効果があると思われがちですが、実は防犯効果はほとんどありません。このワイヤーの大きな効果は、一般的な透明ガラスよりも火災の際に飛散しにくく、延焼しにくいこと。熱によりガラスが割れても金網に引っ掛かり、破片が落ちにくくなります。破片によるケガの防止にもつながります。

型板ガラス

型板ガラスとは、表面に凸凹した模様があるガラスです。表面を平らではなくデコボコさせることで透明度を低くし、目隠しとして使えます。凹凸の形状によって、ほとんど見えないものからぼんやり曇って見えるものまでさまざまなタイプがあります。外からの光はしっかり通しつつ、お風呂場やトイレなど外から見られたくない場所のプライバシーを保つことができます。

複層ガラス

複層ガラスは、複数枚の板ガラスを重ね、その間に乾燥空気などを封入した中間層を設けたガラスです。主に2枚の板ガラスを重ねているため、「二重ガラス」や「ペアガラス」と呼ばれることもあります。中間に空気層を設けることで、断熱効果が高いのが特徴です。複数枚のガラスが重なっていても光の透過性や透明度にはほとんど影響がないため、通常の透明ガラスと同じように使えます。

空間に合わせたガラスを選ぼう

今回は、ガラスの種類と選び方についてご紹介しました。その空間に合わせたガラスを選ぶことで、部屋をおしゃれに見せたり過ごしやすくしたりする効果があります。ガラスを選ぶ際には、ぜひこの記事を参考にして部屋にあった最適なガラスを選んでみてください。ガラス選びで迷った際には、経験豊富な家づくりのプロが在籍するリガードへぜひご相談ください。

CATEGORY

注文住宅, , 開口部,