フロアコーティングは必要?メリット・デメリットをご紹介

せっかく新築のきれいな家を建てたなら、なるべくその状態を長く保ちたいですよね。しかしいざ住み始めてみると、気づかないうちにいろいろな場所を傷つけたり汚したりしてしまうもの。特に小さなお子様がいる家庭だと、お父さんお母さんがどれだけ気を付けていてもきれいな状態を保つのは大変ですよね。そこで便利なのが、フロアコーティングです。今回は、フロアコーティングとは何か、メリット・デメリットをご紹介します。

フロアコーティングとは?

フロアコーティングとは、床にコーティング剤で膜を張ることで、汚れたり傷ついたりするのを防ぐものです。さまざまな種類があり、部屋のイメージやコストなどによって適したフロアコーティングは異なります。代表的なもので、光沢感のあるUVフロアコーティング、マットな質感のシリコンフロアコーティング、ローリング本来の風合いを活かせるガラスフロアコーティングなどがあります。

フロアコーティングはリフォームでも施工できますが、新築のきれいな状態を保つためには家づくりの段階で検討しておきたいもの。家具を全て移動させる手間も省けるのでスムーズです。

フロアコーティングのメリット

フロアコーティングのメリットは、なんといっても床が傷つきにくくなること。きれいな状態を長くキープできます。ジュースやコーヒーなど着色しやすい飲み物をこぼしてしまっても、床に膜が張られているので汚れにくく、拭き取るだけできれいになります。通常のフローリングは水に弱く、水拭きは頻繁にできませんが、フロアコーティングを施せば水拭きもできるようになります。お手入れが簡単になるのもメリットです。

ダニの糞やホコリなどからもフローリングをガードするので、はいはいする赤ちゃんがいても安心です。シリコンフロアコーティングなら滑りにくくなる効果もあり、ご年配の方やペットがいる家庭にもおすすめです。

フロアコーティングのデメリット

フロアコーティングのデメリットは、費用が高いことです。通常のフローリングにオプションをつけることになるので、施工面積が広ければ広いほど費用もかさんでしまいます。

フロアコーティングはいわば保険のようなもの。大人だけで暮らす家なら、床を汚さないように気を付けて生活していれば十分にきれいな状態をキープできることもあります。定期的なメンテナンスにかかる費用とフロアコーティングの費用を比較して検討しましょう。

フロアコーティングできれいな床をキープしよう

今回は、フロアコーティングとは何か、メリット・デメリットをご紹介しました。うっかり物を落としたり、飲み物をこぼしてしまったり、新築の床に傷やシミがついてしまうとショックですよね。フロアコーティングがあれば、傷やシミをつけずにきれいな床を守れます。特に小さなお子様やペットがいるご家庭は、施工しておくとストレスから開放されるでしょう。「自分に合ったフロアコーティングが分からない」など不安や疑問がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。

CATEGORY

床材, 注文住宅,