パントリーは絶対必要?メリット・デメリットをチェック

念願の家づくりを始めるにあたって、「パントリーを作るか否か」で悩まれる方も多いのではないでしょうか。ごちゃごちゃしがちなキッチンをスッキリ見せるパントリーは、人気が高い設備です。しかしせっかく作っても、ライフスタイルや間取りによっては出番が少ないことも……。そこで今回は、パントリーを検討する前に知っておきたいメリット・デメリットについてご紹介します。

パントリーのメリット

キッチンでは、食材や調味料のストックや調理器具など、収納しておきたいものがたくさん。パントリーをつくることで、これらをスッキリと収納してくれます。キッチンを広々と使えるようになり、家事動線の改善にも役立ちます。

またパントリーには扉が付いていることが多いため、来客時には扉を閉めておけば生活感が出にくくなります。食料品以外にも、トイレットペーパーや洗剤などのストックもパントリーにまとめておくことで、ストックの在庫管理をしやすくなるメリットもあります。「家にあったのに、余計に買ってしまった」「あると思ってたのになかった」という買い物の失敗を防げます。

パントリーのデメリット

パントリーのデメリットは、間取りやスペースが制限されることです。パントリーのメリットを最大限に生かすためには、パントリー内のものを出し入れしやすいようある程度のスペースが必要です。限られた小さなスペースで無理にパントリーを作ると、かえって作業動線が悪くなってしまうこともあります。

また、パントリーのために新たに棚を作ったり家の面積を増やしたりすることになり、費用もかさみます。開封済みのものを収納する場合は、害虫やネズミが発生しないように対策も必要です。

パントリーですっきり使いやすいキッチンに

今回は、パントリーを検討する前に知っておきたいメリット・デメリットについてご紹介しました。食品庫や備蓄庫の役割を持つパントリーは、ごちゃつきがちなキッチンをすっきり使いやすくしてくれます。ライフスタイルや家族の収納量を考慮してパントリーの必要性を検討し、快適なキッチンをつくりましょう。

家づくりや間取りについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。

CATEGORY

収納, 注文住宅,