冬でもぽかぽか!リラックスできるバスルームのポイント

冬の寒い日は、暖かいお風呂で身も心もポカポカにリラックスしたいもの。しかしバスルームが寒いと、いくら湯船が暖かくてもお風呂が憂鬱になってしまいますよね。特に高齢の方だと、脱衣所とお風呂の温度差によりヒートショックを起こすリスクもあります。そこで今回は、冬でも暖かく「ヒヤッ」としないバスルームのポイントをご紹介します。

「予備暖房」で一番風呂を暖かく

まだ誰も入っていない、まっさらな一番風呂は気持ち良いもの。しかし冬の一番風呂は、浴室が冷え切っているのが難点です。そこで便利な機能が「予備暖房」。お湯を溜めるときに一緒にスイッチを入れておけば、浴室全体がポカポカに暖まります。入浴の直前まで点けておき、入浴時には風が直接体に当たらないよう停止しておきましょう。

床暖房で足元もぽかぽか

さあ風呂で温まろうと一歩踏み出した途端、冷たい床にヒヤッとした経験は誰もがあるのではないでしょうか。髪や体を洗うときも、床が冷たいとせっかく湯船で温まった体がどんどん冷えてしまいます。床暖房があれば、足元からポカポカ温まり湯冷めせずに済みます。温かい部屋から寒い浴室へ足を踏み入れることで起こるヒートショックも防げて、高齢のご家族がいるご家庭も安心です。

保温浴槽で温かさ長持ち

生活リズムが異なる家族が居ると、湯船を沸かしても何度も追い炊きしなければならず大変ですよね。保温浴槽なら、浴槽自体に断熱材が施されており、時間が経っても熱いお湯を保ってくれます。追い炊きの手間もお金も削減してくれる便利な機能です。

冬でもポカポカ快適なお風呂タイムを

今回は、冬でも暖かいバスルームのポイントをご紹介しました。寒い冬こそ、お風呂でまったり温まりリラックスしたいもの。ひんやり冷たい浴室や床のストレスをなくし、家族みんながホッと温まれるバスルームを作りましょう。

家づくりや間取りについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。

CATEGORY

お風呂, 注文住宅,