もっとおしゃれに!白クロスの選び方のポイント

決めることが山ほどある家づくりの中でも、特に悩む方が多いのが壁紙選び。「無難に白クロスで良いでしょう」と思うかもしれませんが、実は一口に白クロスといっても、その種類はさまざま。どの種類を選ぶかによって、同じ白でも印象が大きく異なります。そこで今回は、白クロスの選び方のポイントをご紹介します。

ナチュラル系なら「織物調」

「織物調」とは、織物のように縦横にでこぼことした線が入っている柄です。まるで生地のような柔らかな風合いをイメージした織物調は、ナチュラルな麻やラタンなどの自然素材とよく合います。ざっくり大きめのものからリネンのような温かみのあるものまで、同じ織物調でも雰囲気が異なります。インテリアや床材と照らし合わせながら、しっくりくるものを選びましょう。

和モダン系なら「きめ細かい織物調」

白クロスが似合うのは、洋風のお部屋だけではありません。織物調の中でもきめの細かいものや光沢感の強いものは、和モダンな雰囲気に合わせると相性バツグン。畳の小上がりスペースを作る際にもおすすめです。

モダン系なら「石目調」

モダンでおしゃれな雰囲気にするなら、おすすめは「石目調」です。石目調とは漆喰などの塗材の柄で、コテ跡の小さいものがモダンインテリアと合わせやすいです。ざっと塗った跡が大きく残っているようなクロスは、海外のお部屋のようなオシャレさを演出してくれます。

お家にぴったりな「白」を選ぼう

今回は、白クロスの選び方のポイントをご紹介しました。同じ白色でも、白クロスには織物調や石目調などさまざまな種類があります。無難なカラーと思いきや、奥が深いのが白クロス。お家にぴったりな白クロスを選んで、もっとおしゃれな家づくりを叶えましょう。

家づくりや間取りについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富なアトリエ建築家がご提案いたします。

CATEGORY

内装, 注文住宅,