REGARD

建築費用やお見積もり、確認しておくべき3つのポイントとは?

マイホームを建てる際には、建築費用や見積もりについて検討する必要があります。最初に見積もりを計算していても、品質やデザインの良いものを選んで予算を超えてしまうことは少なくありません。ここでは、建築費用やお見積もりに関して、確認しておくべき3つのポイントについてご説明したいと思います。

見積もりの際に確認しておくべき3つのポイント

1)建築に必要な諸経費を計算しよう
建築費用では、本体工事や設備工事、諸経費などが分けて表示されることがあります。必要となる諸経費を全て、確認するようにしましょう。

2)木造住宅の木工事費を確認しよう
木工事費には木材費や大工の労務費があり、経費が高くなる傾向があります。木工事費に必要な費用を確認するようにしましょう。

3)設計図と見積書の床面積を比較しよう
平面図や仕様書などに記載されている建築物床面積と、見積書の床面積が違っていることがあるため、見比べて確認しましょう。

建築費用や見積もりの問題点をチェックする方法

建築費用や見積もりにおいて注意すべきポイントは、工事費用の「一式見積もり」という方法です。過去の十分な実績データに基づかずに建築費用が計算されていることがあるため、一式に何が含まれているのかを十分に確認するようにしましょう。坪単価で表示されている場合には、オプション工事を加えているうちに経費が高額になることがあるため、設備や工事の内容について具体的に尋ねる必要があります。詳細を確認するうちに、問題点を見つけることができるでしょう。

建築費用や見積もりのことなら専門家へ相談しよう

業者から提示された建築費用や見積書に関して、設計図と見比べながら詳細を確かめるのは、多くの方にとって容易なことではありません。建築費用や見積もりに関して疑問を感じる場合には、信頼できる専門家に相談してみるもの良い方法です。専門家に相談することで、自分だけでは気づかないような見積もりのポイントを教えてもらうことができます。リガードなら建築費用や見積もりについて的確なアドバイスを受けることができます。

まとめ

建築資金や見積もりに関して、ポイントを抑えてチェックすることで、不必要なトラブルや後悔を避けることができます。詳細について具体的に尋ねたり、専門家に相談したりすることで、予想以上の出費を抑えることができるでしょう。

CATEGORY

注文住宅,