REGARD

子育てしやすい間取りにするための5つのコツ

子供がのびのびと過ごせて、子育てがしやすい間取りの家を建てたいと考えておられる方も多いことでしょう。子供がすこやかに成長して、家族みんながコミュニケーションを取りやすい家って、理想的ですよね。ここでは、子育てしやすい間取りにするための、5つのコツについてご紹介したいと思います。

子供とのコミュニケーションがとりやすい間取り

親にとっても子供にとっても、家族と一緒に楽しく過ごせて落ち着ける場所は、リビングやダイニングのようです。子供部屋以上に、リビングやダイニングの間取りを重視して設計することで、親子が一緒に長く過ごせる空間を作ることができます。子供の動きを見ながら家事ができるキッチンを作ったり、視線を意識した間取りを工夫したりすることで、毎日のあいさつやスキンシップ、家事のお手伝いなど、基本的な生活習慣や他人への思いやりを持てるように、子供たちを育てることができます。

子育てしやすい間取りにするための5つのコツ

1)オープンプラン

オープンキッチンは、お互いに安心を感じながら、家族への気配りの大切さを教えることができます。

2)リビング階段

外出や帰宅時にリビングを通る間取りにすると、自然と挨拶の習慣を身に着けることができます。

3)吹き抜け

リビングの上部と子供部屋を吹き抜けにすると、個室にいてもお互いの気配を感じることができます。

4)スタディコーナー

親子共有のスタディコーナーがあれば、一緒に学んだり仕事をしたりすることができます。

5)子ども専用スペース

リビングの一角に、子供のおもちゃを広げられる専用スペースを設けることができます。

子育てがしやすい間取りを専門家に相談してみよう

家の間取りを少し工夫するだけで、自然にコミュニケーションが取れる、子育てしやすい家を建てることができます。子育てしやすい間取りについては、最初から住まいのプロに相談してみることができます。子供に思いやりや生活習慣を身に着けさせる間取りについて、自分では思いつかなかったようなアイディアを教えてもらえるかもしれません。リガードなら、子育てがしやすい間取りに関して、様々な角度から相談に乗ってもらうことができます。

まとめ

子育てがしやすい間取りの家を建てるためには、子供とコミュニケーションがとれる設計を考える必要があります。子供がのびのびと楽しく過ごせるリビングを工夫することで、人への思いやりや生活習慣を自然と身に着けられる家となることでしょう。

CATEGORY

注文住宅,