REGARD

「坪単価※ただし本体価格」の意味とは?注文住宅の価格に関する豆知識。

注文住宅の価格を見ていると、「坪単価※ただし本体価格」という表示を見かけることがあります。これは注文住宅の価格を表す目安として用いられる表現ですが、ハウスメーカーやコマーシャルなどでよく用いられています。ここでは、「坪単価※ただし本体価格」とはどういう意味なのか、注文住宅の価格に関する豆知識について、ご紹介したいと思います。

「坪単価※ただし本体価格」っていったいどんな意味なの?

「坪単価※ただし本体価格」とは、坪単位で計算した建物だけの価格のことです。坪単価は、以下の計算式で計算することができます。
 
坪単価※ただし本体価格 = 建物だけの本体価格 ÷ 建物の坪数

注意が必要なのは、住宅を建てて生活するためには、建物だけではなく電気や水道などの付帯工事が必要となるという点です。「坪単価※ただし本体価格」という表示は、土地の条件や注文内容による影響を受けない、建物だけの価格のことです。生活に必要な別途工事の費用を含めると、本体価格以外にさらに約20%から30%ほどの経費が必要になります。

「坪単価※ただし本体価格」にはどんな費用が含まれていないの?

「坪単価※ただし本体価格」には、生活をするのに必要となる給排水工事や屋外の電気工事、ガスの配管工事などが含まれていないことが多くあります。特殊な基礎工事や地盤改良工事などは、住宅によっては本体価格に含まれていることもありますが、詳細は住宅会社に確認する必要があります。リビングや部屋に必要な照明器具やカーテン、エアコン空調設備なども、それぞれが好みに合わせて選んで購入する必要があり、本体価格には含まれていません。

坪単価や本体価格について専門家に相談してみよう

「坪単価※ただし本体価格」という表示を見つけたら、本体価格に何が含まれていて、何が含まれないのかをしっかりと確認するようにしましょう。通常は本体価格よりも約20%から30%ほどの費用が必要となりますので、坪単価の安さだけで飛びつかないように注意した方がよいでしょう。本体価格や坪単価のことで不安を感じたら、住まいの専門家に相談してみることができます。リガードでは、本体価格や坪単価について、納得のいくまで相談に乗ってくれます。

まとめ

「坪単価※ただし本体価格」という表現は、あくまでも建物だけの価格であって、生活に必要な設備や工事には、別途費用が必要であることを知っておきましょう。本体価格に何が含まれているのかを確認しておけば、予算不足やトラブルなどを避ける事ができるでしょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る