REGARD

泥棒を撃退!自宅の防犯性を高めるための工夫とは?

泥棒に狙われやすい家があるということをご存知でしたか。泥棒に入られないかと心配しているものの、どこから防犯対策を始めたらよいのか分からない方もいらっしゃるでしょう。泥棒が狙いやすい家の傾向を見ると、自然と防犯対策が分かってきます。ここでは、泥棒に狙われやすいのはどんな家か、どんな防犯対策ができるのかについて考えてみましょう。

泥棒に狙われやすいのはどんな家?

泥棒に狙われやすい家とそうでない家には、どのような違いがあるのでしょうか。一般的に泥棒が狙いやすいのは、家の敷地が道路に面していて、犯行前の下見がしやすい家のようです。例えば、敷地の2面が道路に接していたり、道路に接する面が長い家は狙われやすい傾向にあります。他にも、家に入る裏口や窓などの開口部が、道路から見えにくい住宅も泥棒が入りやすいようです。また窓が開けやすかったり、開口部に足がかりがあったりすると、すぐに入られてしまうので対策が必要です。

泥棒に狙われやすい開口部の対策方法

まずは、道路から住宅に気軽に入れないような工夫をしましょう。例えば、道路から敷地の奥まで見えるようにしたり、狙われやすい開口部の手前にフェンスを取り付けたりすると、泥棒も人目が気になって入れません。また、窓や裏口などの開口部を防犯性の高い構造にしましょう。すぐには取り外せないような窓格子にしたり、鍵を強化したりするだけでも泥棒対策として有効です。ホームセンターなどで購入して、防犯カメラや防犯ブザー等と合わせて設置するとさらに効果的です。

防犯性を高める住宅のことなら専門家に相談しよう

これから家を建てる方であれば、道路から敷地に入りにくい工夫や、開口部の防犯の強化などを考えて防犯性を高めるようにしましょう。すでに家を建ててしまった方であっても、後付けできる表格子やシャッターなどを購入することで対策ができます。防犯性を高める住宅については、住まいの専門家に相談してみるとよいでしょう。リガードでは、防犯性の高い住宅についてのアドバイスをもらえますので、防犯意識の高いあなたにオススメです。

まとめ

道路から敷地への進入を防いだり、開口部の狙われやすい箇所を強化したりすることで、家の防犯性を高めることができます。被害に遭う前に狙われやすい箇所をしっかりとチェックして、重点的に防犯対策をするようにしましょう。

CATEGORY

注文住宅,

関連する記事を見る