REGARD

太陽光発電で省エネって、本当に現実的なの?最新の設備設置事例

太陽光発電による省エネって、本当に現実的なのだろうかと考えたことはありませんか。そんな太陽光発電の導入が初めての方でも、設置までの流れを知ると、より現実的に検討することができるようになります。ここでは、太陽光発電を設置するまでの流れや減税措置、最新の設備設置の事例について、分かりやすく解説したいと思います。

太陽光発電機器の設置までの流れについて知ろう

太陽光発電機器を設置するまでの流れを理解すると、より現実的に検討することができます。太陽光発電メーカーのホームページや商品カタログを見たり、太陽光発電の展示会やイベントに参加したりして、太陽光発電の基本的な情報について知るようにしましょう。次に、発電量に影響する自宅の屋根の面積や形状、方位や傾斜などを確認する必要があります。自宅の日射量でどのくらいの発電量が期待できるか、電気代がどのくらい節約できるかを実際にシミュレーションしてみましょう。

愛知県と大阪府の太陽光発電設備の最新設置事例の紹介

太陽光発電設備を設置する際には、余剰売電と全量売電とを選ぶことができます。愛知県半田市で4kwの屋根置型を設置した事例では、建物本体を建設する時から太陽電池を設置することが想定されているため、建物の構造強度と南側に綺麗に設置できる片流れ屋根となっています。また、大阪府で3kWの屋根建材一体型の建材型太陽電池モジュールを設置した別の事例では、太陽光電池が屋根材を使用しているため、建物全体に調和したデザインとなっています。

太陽光発電機器のことをプロに相談してみよう

太陽光発電機の設置には、地方自治体によるグリーン投資減税などの減税措置が準備されています。減税措置の内容は地域により異なるため、最寄りの地方自治体に尋ねてみることができます。また、住宅金融支援機構の融資を利用したり、住宅メーカーや販売会社のローンを活用したりすることもできます。太陽光設備の設置には専門的な知識が必要ですから、プロに相談することもひとつの手です。

まとめ

太陽光発電機器設置の流れを理解することで、省エネ住宅の建設をより現実的に考えることができます。地方自治体による減税措置が準備されていますから、消費エネルギーを削減して、より快適に暮らせる省エネ住宅を実現するようにしましょう。

CATEGORY

注文住宅,