REGARD

SRCってそもそも何?RCって何?構造の違いと特徴をきちんと理解しよう

SRCやRCというマンションの構造があることをご存知でしょうか。SRCやRCの構造の違いや特徴についてきちんと理解すると、より良い住宅選びをすることができます。そもそも、SRCやRCとは何のことでしょうか。また構造や特徴にはどんな違いがあるのでしょうか。ここでは、SRCやRCとは何か、構造の違いや特徴について、分かりやすく解説したいと思います。

そもそもSRCとRCっていったい何のことなの?

SRCとは、「鉄筋鉄骨コンクリート造」のことで、柱や梁などを鉄骨で組み上げて鉄筋を配置し、コンクリートを流し込んでいる構造のことです。SRCは、強度や耐久性などの面で優れており、10階建て以上の高層マンションなどの建築に用いられています。RCとは、「鉄筋コンクリート造」のことで、鉄筋とコンクリートで組み合わせて補強した構造の建物です。最近では高強度のコンクリートの開発により、高層マンションの構造などにも用いられるようになっています。

SRCやRCの構造や特徴をきちんと理解しよう!

SRCやRC構造のマンションの最大の特徴は、強度や耐久性などの面で優れていることです。一般的に、SRCのほうがRCよりも強度が高く、超高層マンションなどの建築に用いられています。また、RCやSRCのマンションでは、木造住宅や軽量鉄骨に比べて、防音性に優れているのも特徴の一つです。SRCとRCでは基本的に防音性能に大きな違いはなく、戸境壁(住居と住居の壁)の厚さや構造が影響を与えています。より安全で静かな環境の住宅を選びたい場合には、SRCやRCの構造を選ぶと良いでしょう。

SRCやRCの構造のことなら住宅のプロに相談してみては?

SRCやRC構造の住宅を選ぶメリットは、強度や耐震性や防音性能などがあります。SRCやRC構造の住宅を選ぶことで、より安心して静かに暮らすことができるでしょう。防音を気にされる場合は、戸境壁の厚さを検討したり、ウレタンなどを貼りつけて2重構造となっているかでも防音効果を見ると良いでしょう。とはいえ、構造については専門的な知識も必要ですから、住宅のプロに相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

SRCやRCの構造の住宅を選ぶことで、より強い耐久性や防音性能を期待することができます。マンションを購入される場合には、構造や特徴もしっかりと検討して、安心して静かに生活できる住宅環境を選ぶようにしましょう。

関連する記事を見る