REGARD

2×4工法(ツーバイフォー工法)の押さえておきたいメリットとデメリット

2×4工法(ツーバイフォー工法)という工法を、よく耳にすることがあるかもしれません。2×4工法(ツーバイフォー工法)とは実際にどんな建築方法で、どんな特徴があるのでしょうか。ここでは、2×4工法(ツーバイフォー工法)の押させておきたいメリットとデメリットについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

2×4工法(ツーバイフォー工法)ってどんな建築方法

2×4工法(ツーバイフォー工法)とは、約2インチ×4インチの決まった材料を基本構造とする、アメリカやヨーロッパを中心に世界中で広まっている工法のことです。ツーバーフォー工法は俗称で、日本では「枠組壁工法」とも呼ばれています。従来の建築工法では線で組み立てるイメージでしたが、ツーバイフォー工法では面で組み立てていくイメージなため、一般的には耐震性に優れています。広大な面積を誇るアメリカ・カナダであっても、多くの気候に対応できる合理的な工法となっています。

ツーバイフォー工法のメリット・デメリット

ツーバイフォー工法は枠組壁工法なため、木造軸組工法に比べて、耐震性に優れているというメリットがあります。また釘を留めるだけで簡単に家を建てられるため、大工さんの技術による品質のムラが少ない工法と言えます。また壁を合板で覆ってしまう工法なので、比較的に揺れにくい工法ともいえます。安全上の理由から法律で定められた設計上の制約が多く、間取りなどが自由に選べないデメリットがあります。気密性が高いため、高温多湿の環境では、湿気がこもり腐食する可能性があります。

2×4工法(ツーバイフォー工法)のことなら住宅のプロに相談しよう

ツーバイフォー工法はマニュアル化されているため、コストダウンができるだけでなく、気密性や断熱性が高く省エネに優れている住宅と言えます。材料の供給が安定しているため、シンプルな構造システムと品質の高さを維持することができます。とはいえ、2×4工法(ツーバイフォー工法)で家を建てるためには、ここでご紹介した以外の知識も必要です。ぜひ一度、住宅のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

2×4工法(ツーバイフォー工法)を導入することで、品質にムラのない住宅を建てることができますし、気密性や断熱性も確保することができます。2×4工法(ツーバイフォー工法)を取り入れて、安心して生活できる快適な家づくりを心がけましょう。